2015年12月07日

気持ち好いから善いことをしろ?

本

今どきの道徳の教科書には「善いことをすると気持ちが好いでしょう」と書いてあるそうな。だから善いことをしましょうという教え方。

電車の中で座っている自分の目の前にお年寄りが立っていたら席を譲るかどうかという場面での問いかけで、正解はもちろん「席を譲る」というのが道徳的には「善いこと」になるわけです。席を譲れば気持ちが好いでしょう。だから善いことをしましょう?

一見すると正論のようだけど、こういう教え方は必ずその子の人生を間違った方向へと導くことになります。

「気持ち好いから善いことをしろ」ということは、自分の主観的な感覚で「気持ちが好い」ということが絶対的な判断基準となってしまいます。

だとすれば、「気持ち好いからマリファナ吸ってみよう」とか、「気持ち好いからこの銃で人を撃ってみよう」という考え方も正しいということになるでしょう。

現に、実体験はなくともゲームやアニメ、映画などに出てくるそういうシーンを観て「気持ちよさそう」と感じ、実際に行動してしまって取り返しのつかない犯罪行為を犯してしまったような人もいます。

原因は、学校での道徳教育でこういういいかげんな教え方をしているからではないでしょうか。

善いことをするのは気持ちが好いからではありません。必ずしも「善いこと」だけが気持ち好いとは限らないのです。むしろ、道徳に反した欲望のままの行動の方がよっぽど気持ち好かったりします。そういう行動を抑える気持ちを養うことが本当の道徳なのではないでしょうか?

お年寄りに席を譲って気持ちが好いと感じたのはなぜでしょうか? 気持ちよくなりたくて善いことをしたからでしょうか? そうではありません。辛い思いをして立っていたお年寄りを助けてあげたからです。つまり、自分が気持ちよくなりたくて善いことをしたわけではなく、お年寄りを助けるために席を譲ったのです。誰かのために何かをしてあげることができたから気持ちが好いのです。

人は一人で生きてゆくことはできません。自分は常に周りにいる誰かの支えによって生きています。そして、自分もまた他の誰かの支えになるのです。そうやって人間はお互いに支え合いながら生きているのです。生きるとはそういうことです。

その生きる意味に気づかせることのできる道徳教育であってほしいと思います。

人に助けられたら感謝し、誰かを助けることに喜びを感じる。こんなことは本当なら教えなければならないことではなく、誰もが自然に学ぶものです。でも、今の世の中はそういうことを学ぶ環境に恵まれていなかったりするかもしれません。それを補うための道徳教育であれば有意義と言えるでしょう。


.

タグ:欲望 感謝 道徳
posted by アポロ at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年11月14日

子供の人生は子供自身が決めるべき - キラキラネーム

本

キラキラネームなどと呼ばれるちょっと変わった名前を付けたがる親が増えているそうです。というか、実感としてはキラキラネームは一部の変人だけの傾向というわけではなく、すでに一般化して流行状態にあるようにも思えます。

大学出のそこそこ教養があるような親でも自分の子供にはキラキラネームを付けないと恥ずかしいと感じ、競うようにしてキラキラネームを付けているというような風潮が蔓延しつつあるようにも見えます。他にはない個性的な名前を付けた方が勝ちというような感じでしょうか。個性と言いつつも、結局は他人の評価(しかも親自身の評価)だけしか気にしてないような気もしますけどね。

子を思う親心という言い訳で正当化しているつもりかもしれませんが、生まれた瞬間に子の人生を決めつけてやろうという考え方は親の自己満足や支配欲求、あるいはエゴイズムの表れでしかなくて、思いやりとは真逆の行為です。親が自分のエゴのために子供を利用しているわけですから、極論をすれば、生まれた直後から幼児虐待が始まっているともいえるでしょう。そんな親の元で育てられる子供は不幸です。

子供の人生は子供自身が決めるべきであって、物心もつく前から、あるいは生まれる前から親が勝手に決めつけてよいはずがありません。

親の自己満足のためにキラキラネームを付けられた子供が幸せな人生を送れるわけがありません。

子の幸せを願って名前を付けるのならば、親のエゴを押し付けるのではなく、その子の将来のことを思って付けるべきです。そう考えれば、誰にでも読めて、誰が見ても不快な思いをしないような、世代を超えて通用する一般的な名前がよいということくらいすぐにわかるでしょう。それこそが本当の思いやりです。

戸籍上の名前など単なる記号でしかないのですから太郎や幸子で十分なのです。記号的なものは世間一般に通用してこそ意味を持ちます。読めないような意味不明の名前では他人に迷惑をかけることも多いわけで、明らかにその人の幸せな人生を妨げています。

例えば政治家などは選挙などでより多くの人に名前を覚えてもらうために本来は漢字の名前をわざわざ平仮名で表記する人もいます。社会生活においては読みやすい名前の方がよいのは間違いありません。

わざわざ読みにくいキラキラネームなんか付けなくても、後からいくらでもニックネームや愛称を付けて呼ぶことができます。そういう愛称の方がよっぽどその人本人のことをよく表していたりします。現実には本名でそのまま呼ばれる人の方が少ないでしょう。「たーぼう」とか「さっちゃん」という感じで。

親が勝手につけた名前などほとんど意味がないのです。というか、親の名前の通りに育つ子供などめったにいません。

大人になれば自分で別名を名乗る人だっているでしょう。社会的に通用する名前は自分で好きなように付ければよいのです。私だって「アポロ」を名乗って十数年。既に「アポロ」としての人格が確立しています。本名など関係ありません。

とにかく、子供は親の玩具おもちゃじゃありません。子供には子供の人格があり、子供なりに育ってゆきます。親の願いを押し付けたり決めつけたりするものではないのです。それだけは忘れないでほしいと思います。


.

posted by アポロ at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録2015年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年11月07日

シャワー

📖

一日中パソコンに向かって椅子に座っていると血行が悪くなるせいか体中が冷えてくる。冷え性というのはこんな感じなのかもしれない。特に足元の冷えがひどくて氷のように冷たくなっている。これからの季節は辛いね。

本当はお風呂にゆっくりと浸かって温まりたいところだけど、たいていは時間とお湯の節約のためにシャワーだけで済ませてしまう。

温かいシャワーを浴びているだけでも冷え切った体は温まってくる。温かいシャワーは好きだ。

そのまま上がってしまいたいところだけど、最近は上がる前にできるだけ冷たいシャワーを浴びるようにしている。その方が皮膚が閉まって冷えにくいからだ。

でも冷たいシャワーほど苦手なものはない。真夏の暑い時期だって冷たいシャワーを浴びたいなどとは一度も思ったことがない。

だからもともと冷たいシャワーを浴びる習慣もないんだけど、我慢して浴びるようにしている。

もうすぐ寒い冬がやってくる。それを耐え抜くには冷えにくい体質や生活習慣を作っておかなくちゃね。


.

posted by アポロ at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録2015年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年08月27日

今は辛くとも明日がある?

タロットカード: カップの10

「明日がある」なんて歌は嫌いだ。

明日を夢見て今を手放した彼女は
幸せをつかむ前に死んでしまった。

今がどんなに辛くとも、
明日のために今を犠牲にしてはいけない。

現実から目をそらし
目を閉じると見えてくる夢はまぼろし
悪魔サタンの誘惑にすぎない。

目を開けば、いつでもすぐそばに幸せが
あふれていることに気づけるはず。

幸せはいつの日か訪れるものでも、
どこか遠くにある物でもない。

それが「すぐそばにある」ということに
気づくこと
それが、幸せなんだ。

その幸せは、「明日≠る」。
そう思えればもっと幸せでしょう。

タロットカード: カップの9


.

posted by アポロ at 17:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | ハミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年08月24日

鳴き虫

虫たちが必死に鳴いている。

地の果てまで届きそうなほどの大声で鳴く。

なぜなら、
その声を受け止めてくれる相手がいるからだ。

でも、受け止めてくれる相手がいなければ、
どんなに悲しくても声をあげて鳴くことはない。

泣きたくても、鳴けないのだ。

音もなく、静かに、
ただ冷たい涙が零れ落ちるのみ。


.

タグ:鳴き声
posted by アポロ at 05:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする