2016年01月20日

アバターを介したコミュニケーションの利点

音声通話を利用した占いの手段にはいろいろありますが、セカンドライフなどの仮想空間でアバターを介してボイスチャットをするのは他の通話手段にはない利点メリットがあります。しゃべっていることを視覚的にも認識できるというのはとても重要なポイントだと思うのです。

通話手段として最も一般的なのは固定電話や携帯電話での通話ですが、これらの音質はそれほどよくありません。携帯電話に至っては合成音声と言われるほどで、本人の生声には程遠いものとなってしまっています。最低限の言語的な情報を伝えるには必要十分な音質かもしれませんが、気持ちや感情、雰囲気や空気感のようなものは伝わりづらくなります。誤解が生じやすいのもそのためで、オレオレ詐欺などに悪用されたりもします。微妙な心理状態まで読み取る必要がある占いには向いていないといえるでしょう。

また、一般的な電話の場合にはタロットカードを見せることもできません。タロットカードを見ることができないタロット占いなんて、寿司ネタを乗せ忘れたお寿司のようなもので全く意味がないですからね。テレビ電話を使うという手段もありますが、誰でも利用できるというほどには普及していません。

それに対してスカイプラインなどのインターネットを利用した通話手段の場合は音質がかなり良くなり、画像の共有やビデオチャットなどの機能を使うことでタロットカードを見せることも可能になります。タロット占いをする手段としては理想的と言えます。

セカンドライフの場合も基本的にはスカイプやラインと全く同じで高音質な通話やタロットカードの表示も可能です。それ以外の明確な利点というのはないのですが、一つだけ大きな違いがあります。セカンドライフではしゃべっていることを視覚的に認識することができるのです。

セカンドライフではボイスチャットでしゃべると、しゃべっているアバターの頭上にあるインジケーターが動きます。リップシンクでアバターの口が動いたり、スピーチジェスチャーで身振り手振りも加わります。アバターの動きからかなりはっきりとしゃべっていることが分かるようになっています。

音声とともに動いているものを見ると、人は自然とそちらに意識を向けることになります。アバターを見て目の前に相手が存在していると錯覚を起こし、しゃべっている相手に意識を集中することができるようになるのです。これは動物が身の危険を回避したり必要な情報を得ようとするための本能的な衝動だと思います。

これが音声だけの通話になると、どこか遠くから音が聞こえてくるというような認識で、目の前に相手がいるという実感がなくなります。電話回線を通じて離れた人物と話しているわけですから、そういう現実を正確に認識しているともいえますが、このような場合は対面のような緊張感がない(身の危険を感じない)ので聞こえてくる音に意識を集中しずらくなります。ぼんやりと上の空で会話を聞き流していることがよくあると思います。しっかりとメモでも取っていない限り、後になって電話で何を話したかということをよく覚えていなかったりすることも多いのではないでしょうか。

視覚という点ではスカイプやラインでもビデオチャットを使うことで実現可能です。ビデオ映像で相手に素顔の表情を見せれば対面しているときとほとんど変わらないコミュニケーションが可能になります。仮想空間のアバターでは伝えられない表情も正確に伝えることができます。ビデオチャットの視覚的な情報量はセカンドライフをはるかに上回ることになります。

対面ではなく通信によるコミュニケーションにおいてはビデオチャットが究極の理想形といえるかもしれません。

ただし、ビデオチャットにも弱点はあります。顔が見えるということはメリットであると同時にデメリットでもあるのです。

親しい友人や恋人が相手であればほとんど問題はないでしょうが、あまりよく知らない相手と話すときにはビデオに映る自分の映像には気を使うと思います。まず身なりを整えなければならないし、バックに映る部屋もきれいに片づけなければなりません。女性であればお化粧をしたり髪の毛をセットしたいと思うでしょうし、男性でも髭くらいは剃りたいと思うでしょう。部屋でリラックスしているときのような無精ひげのままの汚い顔など見せられません。

部屋の中でごろんと横になったまま話すことなどできないでしょうし、鼻くそもほじれません。悲しい話の時に声では泣く真似をしていても本当は笑っているなんてこともばれてしまいます。嘘がつけなくなるのです。

とにかく気を遣うんですよね。対面とほぼ同じということは、同じくらい神経もすり減らすことになります。とても気軽にビデオチャットするなんて気にはなれないでしょう。

だから、ビデオチャットはあまり積極的に利用されていないのだと思います。

それらの問題は仮想世界のアバターを利用することで全て解決できます。アバターなら身なりを気にする必要はないし、散らかっている部屋の中を見られることもありません。悲しいと思ってもアバターは常にポーカーフェイスです。適度に感情を覆い隠してくれるのです。

実はビデオチャットというのは究極の理想ではあるのですが、あまり実用的ではないのです。実用性という点ではアバターの方が優れていることが多いのです。

さらに、この利点は対面でのコミュニケーションの問題点を解消することもできます。人見知りが激しかったり対人恐怖症などで対面ではうまくコミュニケーションができないような人でもアバターを介することで自然に会話ができるようになる場合もあるでしょう。現実世界におけるコミュニケーションのトレーニング手段(リハビリテーション)として仮想世界は利用できるのです。

かといってアバターは万能かというとそういうわけではなく、人間らしい表情などはまだ正確に伝えることはできません。あくまでコミュニケーションの手段の一つにすぎず、これが本来の人間関係だとは考えるべきではありません。そこを誤解するとまた別の問題で悩むことになります。

仮想空間のアバターを介してボイスチャットをすることは、そのメリット・デメリットをよく理解して上手に使えば非常に優れたコミュニケーションの手段となりえるでしょう。

セカンドライフはアポロのタロット占いでは最も推奨する占いの手段です。料金も低めに設定してあるので、ぜひセカンドライフでの占いを体験してみてください。


.

posted by アポロ at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月18日

Ustream の無料占いにご依頼方法を追加しました

ユーストリームUstreamの無料占いにご依頼方法を追加しました。

以前は配信ページのチャットだけが唯一のご依頼方法でしたが、今後はそれに加えて携帯電話固定電話スカイプラインの無料通話、セカンドライフ等からもご依頼いただけるようになりました。

詳細は「Ustream での無料占いについて」をご覧ください。

ユーストリームの配信ページのチャットを使ったライブ(生)占いは五年くらい前からずっと続けているのですが、電話やスカイプではなくあくまで配信ページのチャットを使うことには私なりのこだわりがありました。視聴者の方と直接双方向のやり取りができるインターネットの特徴を生かしたかったのです。生電話で悩み相談をするようなコンテンツは昔からテレビやラジオでもありましたが、それと同じことをやっても意味がないと思っていました。

ふらりとライブ配信のページを覗いてみたら誰でもその場ですぐに相談できる……というような、そんな気軽にできる占いが理想でした。

最初のうちはそれなりにうまくいっていたように思えました。おそらく、今ほど配信の遅延(タイムラグ)が大きくなかったからだと思います。

遅延というのは、私のパソコンから送信した音声や映像が視聴者の端末に届くまでにかかる時間のことです。この時間が長くなってくると視聴者との交流は難しくなってしまいます。以前は調子が良ければ数秒、ひどい時でも十五秒くらいだったかもしれません。それが今では二十五秒前後が当たり前で、改善されるどころかますますひどくなっているように思われます。おそらくユーストリームのサーバー側に問題があると思うのですが、スマホでの視聴者が増え、多様化するニーズに技術が追い付けなくなっているのかもしれません。

ちなみに電話回線などで通話する場合にも遅延は発生します。固定電話で0.1秒程度、携帯電話で0.2秒程度、その他IP電話などで0.4秒程度といわれています。腹話術師のいっこく堂さんがよくやっている「あれ…声が…遅れて…聞こえて…くるよ」という衛星中継か何かの物まねのような現象です。月との通信ですら1.3秒ほどしかかかりませんが、これくらいになるとさすがに「あれ? 声が遅れて…」と気になるかもしれませんね。0.4秒程度ならほとんど気にせず通話はできますが、その遅延が数秒以上、ましてや三十秒近くもあるとしたらとてもじゃないですが会話などまともにできません。

視聴者がチャットで発言した内容は瞬時に私に届きますが、文字入力には時間がかかるので、配信の遅延時間を合わせると会話の往復は一分くらいかかることになります。ライブ配信の時間は五十分間くらいしかないので最大で五十往復くらいの会話しかできないということになります。実際には二十回もやり取りができればいい方です。これではまともな占いなどほとんどできません。

何か質問をしても返事が返ってくるまでに一分以上かかるわけですから、その間何もせずにボーっと待っていると他の視聴者から見たら退屈な配信になってしまうでしょう。いわゆる放送事故ですね。これではエンターテインメントとしてわざわざライブ配信をやっている意味がなくなってしまいます。ライブ配信などせず、待ち時間をカットした動画を作成してユーチューブ等で公開した方がよっぽどましです。

生で占いをするパフォーマンスを視聴者に楽しんでもらいたい。それがライブ配信で占いをする本来の目的です。その目的は現状のやり方では無理ということになるでしょう。

もうあきらめてユーストリームでの生占いは辞めてしまおうかとも考えていましたが、新しいパソコン(→スペック)を購入して環境が改善されたことで別の可能性も考慮することができるようになってきました。

「チャットにこだわらず、普通に電話占いでもいいんじゃないの?」

生占いの大道芸パフォーマンスを楽しんでもらうことを第一に考え、視聴者との双方向のコミュニケーションについてはそろそろこだわりを捨ててもいいのかなとも思えるようになってきました。

以前はパソコンの性能があまりにも低すぎたのでライブ配信中にスカイプなどの他のアプリケーションはできるだけ起動しておきたくなかったのです。下手をしたらパソコンが処理しきれなくなって配信が不安定になったり停止したりすることにもなりかねません。できることが限られていたというのも配信ページのチャットを使うことにこだわる理由の一つでした。

それが今ではパソコンの負荷はほとんど気にならなくなりました。最も負荷のかかるセカンドライフのビューアですら二画面同時に起動させることも平気です。やりたいことが自分の思い通りに何でもできるようになってきたのです。

そこで、今後は電話や仮想空間の中で占いをして、その様子をライブ配信するという形に変えていこうと思いました。チャットも今まで通り使えますが、視聴者とのリアルタイムなコミュニケーションというよりも、占いという大道芸に対するコメントやツッコミをするための手段ということになってくるかもしれません。

電話やスカイプ、セカンドライフ等を使うことで、少なくとも相談者との会話の遅延はひどい場合でも0.4秒程度に収まります。遅延問題タイムラグは完全に解消されることになるのです。

相談者はふらっと街占に立ち寄って占ってもらうような気軽さはなくなります。電話をかけたり占いの館に足を運んだりするときのようにしっかりと気持ちの準備をしなければならなくなります。その点はちょっと抵抗を感じるかもしれませんが、ライブ配信という形は変わらないので、視聴者の方と一緒にタロット占いを楽しんでいただければ幸いです。


.

posted by アポロ at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月05日

電話占いでお勧めの通話手段(Skype、LINE、カケホ等)

Skype でタロット占いをするときにはビデオチャットを使うとタロットカードの表示が簡単にできて便利です。

ビデオを使わず音声通話のみでも画像を送信する機能を使えばチャットの画面にタロットカードを表示させることはできますが、操作の仕方がわからないと画面を切り替えることができなかったりするので初心者には難しかったりします。

それで今までは Skype での占いではビデオチャットの利用を推奨していたのですが、最近ではスマートフォンを使用する際にデータ通信量の制限が厳しくなっていたりするので、通信量の多くなるビデオチャットはできるだけ使いたくないという人も増えているかと思います。

そういったことを考慮して、Skype 無料占いで提示していた条件も「ビデオチャット必須」から「音声通話が可能である」に変更しました。音声通話ならビデオチャットよりは通信量は少なくて済みます。

Skype の音声通話で占いをする場合にはタロットカードを表示するためにチャットも併用しなければならないのですが、その辺の操作方法については無料占いでお試しいただいて慣れていただくとよいと思います。

ただし、使用している端末の Skype のバージョンによってはチャットの画面に直接写真などの画像を表示できない場合があります。その場合でもチャットの画面に表示された URL にウェブブラウザでアクセスすることで画像を見ることはできるのですが、さらに操作が煩雑になって占いに集中できなくなってしまう可能性もあります。

チャット画面に画像を表示できる Skype のバージョンについては公式サイトの以下のページに記載されています。

上記のページに記載されているバージョンより古い Skype のアプリを使用している場合には最初からビデオチャットを使うようにした方がよいと思います。

最近の携帯電話はカケホカケホーダイとかいった通話料金が定額になるプランが普及してきているので、Skype で音声通話するよりも電話回線で通話した方が通信費を節約できるという場合もあるかと思います。そのような方の場合は電話回線で通話して占うこともできますが、Skype に比べて音質が悪くて聴き取りづらくなったりタロットカードの表示ができないというデメリットもあるので、そういったことも考慮して通話手段をお選びいただければと思います。

携帯電話の音声通話も VoLTE (ボルテ)という高音質な通話が可能な機種も増えてきています。近いうちに私の携帯も VoLTE に対応するつもりですが、それまでは Skype LINE 等での通話をお勧めします。

Skype の通話品質を評価する意味でも一度は無料占いをお試しください。


.

posted by アポロ at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月31日

申年のタロットカードは「\ 隠者」

タロットカード: 隠者

2016年の干支(十二支)は申年さるどしですが、対応するタロットカードは「\ 隠者」になります。詳しくは「十二支とタロットカード(タロット占い講座)」をご覧ください。

個人ごとの一年のタロットカード(イヤーカード)は「ライフタイム・イヤーカード・グラフ(タロット占い講座)」を参考に自分で調べてみてください。一年の目標を立てたりするヒントにしてみるといいと思います。


.

posted by アポロ at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 占い講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月24日

子供にしか味わえない感動がある

本

子供のころには見えた物が大人になると見えなくなってしまったり、子供のころには聞こえていた音が大人になると聞こえなくなってしまったりすることがあります。

ピーターパンとかサンタクロースがいるとかいないとかいうようなファンタジーのお話ではありません。現実に老いが五感の働きを衰えさせてしまうというお話です。私自身も四十路を越え、体のあちこちに衰えを感じています。

年を取るとだんだんと高い周波数の音は聞こえなくなってくるそうです。音楽などを聴いているとあまり自覚はないものの、もし若いころに同じ曲を聴いたら今とは違う感じ方をするのかな? と思ったりもします。

このくらいの年になると老眼が気になる人も増えてくるでしょう。色彩感覚も衰えて何もかも色あせて見えてきてしまったり……。

子供のころに見た絵本の記憶も残っていますが、同じ絵本を今見たら全く違って見えるかもしれません。

子供のころにしか聞こえない音、子供のころにしか見えない色があるならば、それらを見たり聞いたりしたときの感動は子供のころにしか味わえないということですよね。そうやって子供たちは独自の感性を養ってゆくことができるのだと思います。

同じ感動は大人には味わえないでしょう。大人には大人の感じ方があるので、必ずしも感動は子供だけのものというわけではありませんが、大人になってから慌ててても決して取り戻せないものがあるのです。

だからこそ、子供のうちから美しい風景や絵画を見たり、生演奏の音楽や自然の音を聴いたりすることはとても大切なことだと思います。

目や耳だけではなく、匂いや味、手触りなど、五感で感じられるものすべてが貴重な体験となります。

今の時代、技術の進歩によってあらゆるものを疑似的に体験することが可能になってきましたが、その疑似的な体験は子供たちに歪んだ感性を養わせてしまうことになりかねないので大変危険だと思います。

例えば、音楽などは携帯音楽プレーヤーで MP3AAC などの圧縮されたデジタル音源を聴くことが当たり前になっていますが、それらの音源は生の音に比べると非常に多くの音の成分が削り取られてしまっています。高い周波数の音は最初からカットされていたりするので子供が聴いても大人が聴いても全く同じように聴こえてしまうものもあります。圧縮されていないCDの音源であってもデジタル化された時点で多くの情報が抜け落ちてしまっています。それは今話題のハイレゾ音源であっても同じです。どんなに高音質であっても生の音をそのまま再現することは不可能なのです。

音楽を聴くなら、コンサートホールなどで生の演奏をその場で聴くのが最高の体験となります。私もめったに生演奏を聴く機会がないのですが、たまにそういう経験をするとあまりの音の違いにびっくりしてしまいます。音楽とは本来こういうものなのだと改めて実感させられます。ヘッドホンで聴くような音楽は、それがたとえどんなに高級なオーディオ機器を使用していようともしょせんは偽物です。本物の音楽は体全体で感じるものです。

そんなに気負わなくても外に出れば自然界には様々な音があふれています。耳をすませば小鳥のさえずり、虫たちの合唱、風のささやき、大地の唸り、雷の響き……そんなごくありふれた自然の音にちょっと意識を傾けてみるだけでもいいのです。虫の声などは周波数が高いので大人になるとだんだんと聞こえなくなってきます。ごく日常のありふれた音にすぎませんが、そんな些細なことでも子供のころにしっかりと体験しておくことが大切なのです。

デジタル音源は、たとえCDやハイレゾ音源であっても加工食品のようなものです。加工食品ばかり食べていたら体に悪いでしょう。

食べ物も子供が好きなものだけを食べさせていたら大人になって味がわからなくなってしまいます。甘みだけでなく渋みや苦みといったいろんな味の体験は子供のころにしておくことが大切です。

味覚や嗅覚は健康にも影響が大きいので、健康に育つためには子供のころにしっかりと養っておくべきでしょう。年を取ってから成人病で苦しむような人は子供のころから食生活に問題があるような人が多いのではないでしょうか。

子供同士で喧嘩することも必要な体験です。お互いに追いかけまわし、逃げ回り、必死になって走ることで環境になじみ、体の使い方を覚えます。殴り合いの喧嘩をすれば痛みを体で覚えます。そうやって人との適切な関わり方も学ぶでしょう。子供のころに喧嘩をしたことがないような人ほど大人になってから恋人や家族に対して手加減なしに暴力をふるうようなDV行為に及んだり、反社会的な犯罪行為に走ったりしてしまうのではないでしょうか。

今どきの親たちは子供たちが喧嘩をするようなことがないようにかなり気を使っているようで、いじめ問題などにもかなり過敏に反応していますが、そんな過保護で甘い育て方をしているからかえって世の中が歪んでしまうのです。子供たちは喧嘩をしながら育つ方がよっぽど健全です。

土にまみれ、草木に触れ、昆虫やミミズや蛇や魚と戯れる。そうやって子供たちは命の大切さを学びます。そういうことは家の中にこもってゲームをしたりテレビを見たりして過ごしていたら学ぶことができないのです。

最近のゲームはとてもよくできていて、実写かと思うほどリアルな描画が可能になっていますが、そんな作り物の風景を見て育つことが健全だと言えるでしょうか? 仮想世界も現実と変わらないくらいリアルになれば、その疑似体験で十分だと思いますか?

ゲームの中でひたすらモンスターを虐待し続けたり、オンラインの友達と会話をしたりすることが本当のコミュニケーションだと言えるでしょうか?

自分の拳で殴り合いもできないようなオンラインの距離感で付き合っても本当の人間関係など築けません。どこかに歪みが生じ、いずれは異常な犯罪行為に発展しかねません。

何より五感で感じ取れる体験が大切なのです。そうした体験は本来であれば子供の成長の過程で自然に経験してゆくものなのでしょうけど、複雑な現代社会の環境ではなかなかそれができなかったりします。放っておいても子は育つなどとも言いますが、やはり大人たちがある程度は導いてあげることも必要だと思います。

大人になってから気付いても遅いのです。子供たちの健全な未来のために、大人の私たちが上手に導いて、子供たちに上質な体験をさせてあげたいですね。

タロットカード: カップの6


.

posted by アポロ at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録2015年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする