2016年06月01日

「間」を含めたプロセスをじっくりと味わう

本

占い好きな人はあちこちの電話占い等を何度も利用していたりするのかもしれませんが、そういう慣れている人ほど効率重視でせっかちになっていたりしませんか。

私のタロット占いも音声通話占いやチャット占いでは時間単位の料金設定になっているので、少しでも無駄な時間を省いて短時間で効率的に終わらせたいと思う人もいるでしょう。

例えば、私が何か質問したりすると考えるためにしばらく無言になってしまったりしますが、そういう時間も料金のうちと思ってしまうと落ち着いて考えることもできなくなってしまうでしょう。

本筋から離れた雑談をするのももったいないし、占い師が霊感や直感を働かせようと集中して黙っている時間も長いと感じてしまうかもしれません。

占いが単なるビジネス、あるいは飲食店のような接客業やサービス業と同じだと考えると、客の注文に応えて占いという商品を迅速に提供することが理想だということになるかもしれません。

でもね、私はそうは思っていません。

確かにお金をもらって占いをしている以上は「商売」という側面があるのも確かですが、占いというのはちょっと違うと思うのです。占いは商売である以前に、あくまで「占い」だと思うのです。

占いとは「エンターテインメント」だと考えるとわかりやすいと思います。大道芸やサーカスや舞台演劇のようなものですね。

単に占い結果だけを伝えればよいというビジネスだとしたら、それを舞台演劇に例えると、お客さんに台本だけ渡してそれを読ませるようなものです。演劇を見に来た客は誰一人として、それでは満足できるはずもありません。そんなことのためにお客さんはお金を払って舞台を見に来ているわけではありませんよね。そこで演じる役者や舞台装置、照明、衣装や大道具や小道具などのすべて、そして、そこで共有する一時間か二時間のほんのひと時の夢のような時間そのものに対して、対価としてのお金を払っているわけです。

占いも同じです。相談者の話を聴き、タロットカードを切り混ぜ、カードを並べ、一枚一枚の絵柄に見入りながら相談者と一緒に考え、意味を読み取り、結論を導き出す。そのプロセス全てに意味があるわけです。考えたり雑談をしたりする時間もまた占いの一部です。

質問の答えを考えたり、カードを見つめて瞑想したりするような時間は無駄に思えてしまうかもしれませんが、そのような何もないと思えるような「」こそが最も重要な時間でもあります。役者や芸人さんも「間」を大切にするでしょう。それがないと全てがつまらないものになってしまいます。

ずいぶん前に「間 ‐ space」という記事を書いたことがありますが(日付を見ると今から十年も前の記事ですね!)瞬時にあらゆる情報が伝わるようになってしまった今の時代ではつい忘れがちなことだと思います。

なんでも効率的・合理的に事を済ませばよいというものではありません。非効率的・非合理的な部分に生まれる「ゆとり」のある生活にこそ意味があり、そういう生き方にこそ幸福を感じられるのではないでしょうか。

占いではせっかちに結果ばかりを求めず、「」を含めたそのプロセスをじっくりと味わっていただければと思います。


.

posted by アポロ at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月24日

プレゼントの選び方

ダイヤ

年下に贈る物は形の残る物にしなさい。

あなたが死んだ後でも、彼らはそれを見てあなたを思い出せるから。

形に残らない記憶はいずれ忘れ去られてしまうだけ。

ハート

年上に贈る物は形に残らない物にしなさい。

彼らが死ぬときには、何一つ持って逝くことができない。

思い出だけがあの世への手土産となるのだから。


.

posted by アポロ at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年02月29日

その一歩はあなた自身が前に進むためのものではない

タロットカード: 愚者

道を歩いていて、ふと「自分の一歩はなんて小さいんだ」なんて思うことはないでしょうか。

わずか五十センチ足らず。

そんな小さな一歩では隣の町へすら行けない。日本一周だって無理だし、地球の裏側までだっていけない。

この世界の広さ、宇宙の広さを意識してしまうと、とても小さくて無力な一歩だと感じてしまうでしょう。

その小さな一歩は、あなた自身にとっては何の目的も果たすことができない無力な一歩だとしか思えないかもしれませんが……でもね、

回し車

あなたが一歩を踏み出すことによって、あなたはこの宇宙そのものを一歩分動かしているのですよ。

あなた自身が前に進んでいるのではなく、宇宙全体が動かされているのです。あなたの意志によって……

タロットカード: 運命の輪

無限とも思える広さと質量を持つこの宇宙です。それを動かすにはわずか一ミリであっても無限に近いエネルギーが必要でしょう。それを五十センチも動かしているのです。それはとてもすごいことなんですよ!

あなたの一歩は無力なんかではありません。無限の可能性を秘めた意味のある一歩なのです。

タロットカード: 世界


.

posted by アポロ at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年02月18日

占うことを恐れることはありません

タロットカード: 剣の2

占って悪い結果が出たらどうしよう……

そんな不安があって占うことをためらっている人もいるかもしれません。本当はただ安心できる言葉を言ってもらいたいだけなのに、期待していた結果ではなかった時のことを考えると怖くて占えない……。

でも大丈夫。占うことを恐れることはありません。占いが示す結果は良くも悪くもないのです。それはただ、目の前にランプの光をかざし、正しい道筋を探し出すだけなのですから。

気休め程度の優しい言葉なら誰にでも言えますが、あなたのために道を指し示してくれるのが占い師の仕事です。恐れず、相談してみてください。

タロットカード: 隠者

占うことであなたの目の前には明るい光が差し、照らされた道が以前よりもはっきりと見えるようになっているでしょう。

占う前は不安でいっぱいだったかもしれませんが、もう怖くはありません。あなたは自分の足で一歩を踏み出せるようになっているはずです。

タロットカード: 月

.

アポロのタロット占い

posted by アポロ at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 占い・オカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月25日

大寒波襲来

タロットカード: ペンタクルスの5

大寒波が襲来し、地方によっては記録的な大雪となっているようですね。私の住む地域でもかなり冷え込んでいます。室温は2度くらいまで下がっているので、もうすぐ部屋の中でも氷が張りそうです。

今年はつい先日まで記録的な暖冬といってもいいほどの晴天続きだったのですが、それを覆す極端な寒波が突然やってきました。この気候の急変にはびっくりです。

あんまり寒いとついつい卑屈になりがちかと思いますが、寒ければ寒いほど普段は当たり前のように感じて忘れがちな「ぬくもり」に気づくことができたりします。

寒空の下でホットコーヒーをすすると、喉元や臓腑に染み渡るようなぬくもりに救われます。

孤独に打ちひしがれているときほど何気ない人のやさしさが嬉しく感じます。

外は寒くても暖房の効いた部屋で暮らせる幸せを実感します。

当たり前になりすぎて忘れていた身近な幸せを思い出すために、時には地獄のように辛い境遇に落とされる必要もあるのかもしれませんね。

タロットカードの「ペンタクルスの5」を見ると誰でも暗く寒々としたネガティブな印象を受けると思いますが、だからといってこのカードが常に悪い意味を示しているとは限りません。辛い時だからこそ気付くことができる幸せがあると教えてくれているのです。


.

タグ:暖冬 寒波
posted by アポロ at 17:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする