2018年06月14日

占いよりも常識が大事という話

2018年2月20日のライブ配信でお話しした内容より

占いを活用して悩みを解決しようとするときの方法論の一つです。

まずは、相談内容の実例から。

相談内容: 高校時代の友達グループに十年ぶりくらいに会う予定。そのうちの一人とは気まずい別れ方をしていたので再会するのが怖い。その友達は今どんな気持ちでいるかを知りたい。

占い結果: 一枚占い(ワンオラクル)で占いました。

めくられたタロットカードは「ペンタクルスの8」でした。

タロットカード: ペンタクルスの8

解釈① … その友達は自分の目の前にあることに向き合っているので十年前のことなど考えていない。

解釈② … 心の中に引っかかっているものを取り除いてすっきりしたい、修復したいと思っている。

二つの解釈が導き出されています。それらは矛盾しているようにも見えますが、同じカードから導き出される結果です。どちらかが間違っているのでしょうか?

解釈①は常識的な考え方です。悩んでいるときには気づきにくいことですが、平常時であれば誰でも普通に考えることです。友達に相談したらこんな答えが返ってきそうです。当たり前すぎて占いっぽい解答ではありませんね。占い師にこんなことを言われたらつまらないでしょう。

それに対して解釈②は占い的な考え方ということになるでしょう。相談者としてもこういう解答を求めていることが多いと思います。何となく説得力もあります。

では、占いでは解釈①など不要で、最初から解釈②だけで十分ということでしょうか。実際、多くの占い師がそういうアプローチの仕方でアドバイスをしていると思います。その方がわかりやすいし評判も良くなるでしょう。

しかし、私は解釈①も必要な解答だと思っています。常識的なことは意味がないというわけではなく、常識的なことだからこそ大事なのです。

通常、問題を解決しようとするときには、解決すべき問題点は何かを明確にする必要があります。例えば、医者が病気の原因を探ろうとして患者の血液や肉体組織の一部を採取して、それを顕微鏡で覗き込んで病原菌や寄生虫や腫瘍などを見つけ出すことで適切な治療を施すように。

悩みごとの場合も同じような考え方で、それを解決しようと思うと医者が聴診器を当てたり顕微鏡で覗いたりするように、問題を細かく分析してその原因を探ることに必死になったり、悩みそのものを切除するような西洋医学的なアプローチをしがちです。

それで解決できることも多いでしょうし、悩み相談を受ける人たち(素人・専門家問わず)のアドバイスもたいていはそんな感じのアプローチのものが多いのではないでしょうか。論理的で実用的な解決方法と言ってもいいでしょう。

しかし、それはとても危険なことでもあるのです。患部のみを見て対処をしようとすると、それ以外の場所に問題があったとしても気づくことができなくなってしまいます。場合によっては全く不適切な処置をしてしまう可能性もあるのです。その結果、悩みを解決できないばかりか、ますます悪化させてしまうこともあるでしょう。

通常、悩んでいるときには視野が狭くなりがちです。辛いと感じるその部分だけに意識が集中して、そのことしか考えられなくなってしまうのです。平常時であれば簡単に解決できるような問題でも、絶対に解けない難問にぶつかったような絶望感に打ちひしがれていたりします。そんな時に患者(相談者)の訴えに応じて顕微鏡や聴診器を使って悩みそのものにさらに意識を集中させてしまうと、ますます視野を狭めてしまうことになってしまいます。それでは悩みはさらに深まるばかりです。

そんな時には、まずは聴診器を外し、顕微鏡から目を離し、頭を上げて目線を高くし、周囲を見渡し視野を広げることが大切です。いったん周囲を見渡し、視野を無限に広げてみるのです。どこに山があって、川があって、森があるのか。そして、その中のどこに自分がいるのか。そういう考え方をすることで、そこに居る自分がどういう振る舞いをすべきかが見えてくるでしょう。それが「常識的な解釈」となるわけです。

いったん視野を広げて問題点を探り当て、絞り込むことができたら、そこから先は占いという道具を使います。いわば占いとは医者が用いる聴診器や顕微鏡のようなものです。それだけに頼ってしまうと誤って悩みをさらに深めてしまう危険性がありますが、きちんと常識的な考え方や物の見方ができていれば正しい処置をすることができます。占いが生きてくるのは、常識という前提があればこそなのです。

まず最初に常識的な考え方で思考をもみほぐし、その後で問題の焦点を絞り込んで占い的な解釈をすると的確な解答を導き出せるようになるでしょう。

自分一人で悩んでいるとこういうことは難しいと思いますが、だからこそ、周りの人に相談したり占い師に占ってもらったりすることはとても有効な手段となります。また、相談された方(占い師)も親身になりすぎて悩み解決に必死になりすぎたりせず、一歩引いた位置から見てあげることが大切です。

一人で思いつめず、誰かに話してみてください。ほんの些細な一言でも、きっとあなたの助けとなるでしょう。


.

posted by アポロ at 21:37 | Comment(0) | 占い講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月30日

占い方(メール|チャット|電話)はどれがいいの?

タロットカード: 隠者

アポロのタロット占いではご依頼方法にメールチャット音声通話の三種類があります。どれが一番いいの? と迷ってしまう人もいるかもしれませんが、占いの内容については正確さや精度、的中率といったようなものには大きな違いはありません。同じ占い結果を違った形でお伝えしているにすぎません。

ただし、ご依頼方法にはそれぞれに特徴があり、全く異なるものと言ってもいいくらいの違いがあります。その時々のご都合に合わせて最も適したものをお選びいただければと思います。

それぞれの特徴について説明しておきます。

メール占い

メールで占い結果をお届けします。最初にご質問内容の確認のために何度かメールのやり取りをしてから占い結果のお届けとなります。時間に縛られることなく、いつでも都合のいい時に相談できるのがメリットです。その代わりメールのやり取りに時間がかかるので、依頼してすぐには占い結果が届きません。結果が届くまで数日かかる場合もあるので、お急ぎのご依頼には向きません。

占い結果は文書として受け取ることになりますので、何度でも読み返すことができます。時間が経ってから読み返したりすると新たな気づきがあったりします。占い結果を最も深く理解し有効活用できるのはメール占いということになるかもしれません。

チャット占い

文字だけの会話で占います。同じ文字を使った占いでも、メールとの違いはリアルタイムな会話ということになります。メールのように自分の都合のいい時に返事をすればいいというわけにはいきませんが、その場ですぐに占い結果を聞くことができます。すぐに結果を知りたいという場合には適しています。

同じリアルタイムの会話でも音声通話だと上がってしまってうまくしゃべれないとか、恥ずかしいというような場合にはチャットの方が適しているかもしれません。

ただし、相談する側も占い師もチャットをするための時間を確保する必要があります。占いが終わるまで一時間や二時間もスマホやパソコンに向かって文字を打ち続けなければなりません。特にチャットの場合は文字入力の速さなどに個人差があるので、人によっては長引きがちです。長い人は五時間くらいかかる場合もあります。これはかなりの負担となる場合もあるでしょう。途中で用事が入ってしまって占い結果を聞くことができないということにもなりかねません。

そのため、飛び込みであれ予約であれ途中で中断するようなことがないよう、占いに必要な時間はしっかりと確保してからご依頼いただければと思います。

予約していただいた方が確実ではありますが、私の時間が空いている時であればいつでも飛び込みですぐに占うことは可能です。

チャットの場合も会話の記録(ログ)は残るので後で何度も読み返すことは可能ですが、メールのようにひとまとまりの文書ではないので、後で読み返してもよくわからないこともあります。リアルタイムの会話はその場のノリ(会話の流れ)で適当なことを言っていることもあるので、チャットの最中にはなんとなく理解できたことでも後で冷静になって読み返すと矛盾しているように思えたりしてかえって混乱してしまうこともあります。その辺を全体的な雰囲気で理解できる人は問題はないと思いますが、会話の一部分だけを切り取って理屈っぽく考えてしまいがちな人は注意した方がいいでしょう。そういう人はメール占い向きと言えます。

また、チャットは相手の顔が見えないこととリアルタイムであることがあだとなり、感情的になりがちです。いろいろと誤解を招いて不快な思いをすることもありますので、慣れていない人は注意が必要です。

音声通話占い

電話等で会話しながら占います。チャット同様にリアルタイムな会話ですが、音声なのでより素早く伝えることができます。チャットに比べれば短時間で済みます。ビデオ通話をしない限りは相手の顔も見えませんが、文字に比べれば声の方が気持ちが伝わりやすいので感情的なトラブルも少なくなります。リアクションもチャット以上に自然なものとなるので会話がしやすいと思います。

基本的にはチャット占いと同様で、占いのために時間を確保する必要があります。そういう時間を確保できない人にはメール占いが適しています。

メールやチャットだと自分の言いたいことがうまく伝えられなかったりする人も多いと思いますが、そういう人でも音声通話ならうまく伝えられる場合もあります。占い師と納得のいくまでしっかりと話をして占いたいという場合にはお勧めの方法ということになります。

通話内容は占い結果も含め文字としては記録は一切残りません。当然ながら後で読み返すということもできませんが、録音は可能です。録音した占い結果を後で聞き直したいという人もいます。メール占いの文書を読むような手軽さはありませんが、占い結果を後で何度も確認することは音声通話占いでも可能です。

普通の電話占いだとタロットカードを相談者にお見せすることはできませんが、スカイプやLINEで通話する場合にはスマホなどの画面上にタロットカードを表示することが可能です。音声通話だからカードを見れないということはありません。

§

他にも違いはいろいろあるかもしれませんが、どれが適しているかはとりあえずご自分で体験して確かめていただければと思います。

そのためチャット占いや音声通話占いでは初回は低料金で占えるようにしています。メール占いの場合には初回の割引はありませんが、一枚占いでお試しいただくことが可能です。

無料占いも常時受け付けているので、まずは無料でお試しいただくことをお勧めします。

メール、チャット、音声通話と一通り試してみて、自分に合った相談方法を見つけてください。


.

posted by アポロ at 22:25 | Comment(0) | 占い講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月09日

その年のタロットカードの活用法

今年はテレビ番組の「めちゃイケ」とか「みなおか」が終了するとかで、めちゃイケなんかは「シュウ活」と称して終了までの番組を盛り上げようと頑張ったりしてますね。そういうのを見ていると、今年のタロットカード「]V 死神」の運命なのかと思う人もいるかもしれません。死神のカードは今まで続いてきたものの終わりを意味したりしますからね。

本

毎年新年を迎える頃にはその年の干支に対応するタロットカードの記事を上げてますが、あえてそのカードの意味などの具体的な解説はしていませんでした。占い師の私が言うのもなんですが、その一枚のカードで一年が決まってしまうわけではないので、あまり強くイメージしすぎないよう、ふわっと軽く紹介する程度にとどめていたわけです。

それでもせっかく一枚のカードが示されているわけですから、それを活用する方法を考えてみるのもいいかもしれません。

このような形で一年のカードが示されたとき、おみくじや普通の占いと同じような感覚でその一年間に起こることを予知するような目的で解釈してもあまり意味はないと思います。もちろん何らかの予知は可能かもしれませんが、一年は365日間もあるわけですから、その間には何かしら一枚のタロットカードに当てはまるような出来事が起きるのは当然と言えます。もちろん、全世界には何十億という人がいるわけですから、カードに当てはまる何らかの出来事は必ず起きます。そんな何かしらの出来事を予知したところで「だから何?」としか言いようがないと思います。

死神のカードが出ているから「めちゃイケ」が終わるわけではないのです。しかし、「めちゃイケ」が終わることに死神のカードを関連付けて記憶にとどめることはできます。いつか死神のカードを見た時に、そういえばあの時あんなことがあったなぁと思いだすことができるでしょう。

予知ではなく、実際に起きたことを意識にとどめるための鍵としてタロットカードを用いるわけです。これも一年のカードの活用法の一つと言えるでしょう。一年の終わりにその年のタロットカードを見ながら振り返ってみるといいでしょう。

一年の始まりにカードを見る時には、まだこれから何が起こるかわからないわけですから、その時点で関連付ける出来事はありません。この時期には、一年の目標を立てたりするためのヒントとして用いるといいでしょう。「戌年だから……」といってもそれで目標となるものをイメージするのは難しいかもしれませんが、「死神だから……」と言えばイメージしやすいかもしれません。

例えば、何年も禁煙できずにタバコを吸い続けていた人なら今年は禁煙する良い機会だと考えるのもいいでしょう。住み慣れた土地を離れて引っ越しすることを考えてみたり、留学してみたり、転職してみたり、環境を変えて気持ちを切り替えるにはいい機会かもしれません。

そんな感じでその年のカードをイメージして行動を起こすきっかけを作ったりするのです。

つまり、予知ではなく、行動を起こすきっかけとして活用するわけです。一年の始まりに無理して考える必要はありません。その一年間、そのカードをイメージして行動しているうちに自然と活用できるようになるでしょう。

選択に迷ったり、躓いたりしたときに、その年のカードを思い出してみてください。きっといいヒントを得られると思いますよ。


.

posted by アポロ at 23:14 | Comment(0) | 占い講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年12月31日

戌年のタロットカードは「XIII 死神」

タロットカード: 死神

2018年の干支(十二支)は戌年いぬどしですが、対応するタロットカードは「]V 死神」になります。詳しくは「十二支とタロットカード(タロット占い講座)」をご覧ください。

個人ごとの一年のタロットカード(イヤーカード)は「ライフタイム・イヤーカード・グラフ(タロット占い講座)」を参考に自分で調べてみてください。一年の目標を立てたりするヒントにしてみるといいと思います。


.

posted by アポロ at 21:13 | Comment(0) | 占い講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月01日

酉年のタロットカードは「XI 正義」

タロットカード: 正義

2017年の干支(十二支)は酉年とりどしですが、対応するタロットカードは「XI 正義」になります。詳しくは「十二支とタロットカード(タロット占い講座)」をご覧ください。

個人ごとの一年のタロットカード(イヤーカード)は「ライフタイム・イヤーカード・グラフ(タロット占い講座)」を参考に自分で調べてみてください。一年の目標を立てたりするヒントにしてみるといいと思います。


.

posted by アポロ at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 占い講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月31日

申年のタロットカードは「\ 隠者」

タロットカード: 隠者

2016年の干支(十二支)は申年さるどしですが、対応するタロットカードは「\ 隠者」になります。詳しくは「十二支とタロットカード(タロット占い講座)」をご覧ください。

個人ごとの一年のタロットカード(イヤーカード)は「ライフタイム・イヤーカード・グラフ(タロット占い講座)」を参考に自分で調べてみてください。一年の目標を立てたりするヒントにしてみるといいと思います。


.

posted by アポロ at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 占い講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月12日

自分で自分のことを占ってはいけないのでしょうか?

本

自分のことは決して占ってはいけないなどと厳しく指導する占いの先生もいるそうですね。あまり理由については聞いたことがないですが、いわゆる「タブー」というやつで理由すらも考えるなとか言われそうです。自分のことを占うのは不吉だったり、何か悪いことが起こったりするのでしょうか?

おそらく、自分のことを占おうとすると自分の気持ちや思い込みが強く反映され過ぎて、占い結果を客観視できずに判断ミスを犯しやすいということなのでしょう。あるいは、占いを教える先生が自分を占うことができず、自信のなさをごまかすために生徒にも「自分を占うな」と強制しているだけだったりして? そんな感じの禁止事項を作ると「なんかかっこいい」と勘違いしているだけのようにも思えます。

真意はわかりませんが、少なくとも自分のことを占うことが難しいというのは確かです。

私は人に教えてもらったことはないので、「自分を占ってはいけない」などという指導も受けたことはないのですが、独学の場合、はじめは自分で自分を占うことから始めるのが普通だと思います。私もそうやって占いの訓練を積んできました。

自分を占うのは他人を占うよりも難しいわけですから、これがきちんとできるようになれば占いのスキルも上達するはずです。占いの勉強のために自分のこともどんどん占えばいいと思います。

もっとも、占いというのは相談者とのコミュニケーションにこそ意味があると思うので、あんまり一人占いにはまりすぎて自分一人の世界に引きこもってしまうのはよくないことかもしれませんけどね。コンピューター占いとか自動占いなどと呼ばれる物もやり過ぎには注意が必要です。

他人から客観的な視点でアドバイスをもらうということも大切なことです。視野も広がって、人間的な成長も促され、人生に深みも増すと思います。プロの占い師であっても占い師同士で占い合うのもよいと思いますよ。いや、むしろそうすべきですね。

一人占いにはまりすぎず、たまには他人に占ってもらった方が良い。そのくらいの認識がちょうどよいのではないでしょうか。

占い師の方で私と占い合いをしたいという方がおられましたら、いつでも遠慮なくご連絡ください。


.

posted by アポロ at 01:53 | Comment(0) | 占い講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月01日

未年のタロットカードは「VIII 力」

新年あけましておめでとうございます。

今年もアポロのタロット占いをよろしくお願いします。

2015年の干支(十二支)は未年ひつじどしですが、対応するタロットカードは「[ 力」です。

タロットカード「Strength(力)」

いろんな「」を活用できるような一年になるといいですね。

詳しくは「十二支とタロットカード(タロット占い講座)」をご覧ください。

個人ごとの一年のタロットカード=イヤーカードは「ライフタイム・イヤーカード・グラフ(タロット占い講座)」を参考に自分で調べてみてください。一年の目標を立てたりするヒントにしてみるといいと思います。


.

posted by アポロ at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 占い講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年01月01日

午年のタロットカードは「VII 戦車」

戦車

今年2014年の干支(十二支)は午年(馬)ですが、それに対応するタロットカードは「Z 戦車」です。

このタロットカードの戦車では二頭のスフィンクスが引いていますが、実際の古代ギリシャ式の戦車は馬が引いて走ります。午年のイメージとうまくマッチしたカードですね。

馬や戦車のように前向きに前進できる一年となるといいですね。

個人ごとの一年のタロットカード=イヤーカードは「ライフタイム・イヤーカード・グラフ(タロット占い講座)」を参考に自分で調べてみてください。一年の始まりに自分のカードを見て目標を立てたりするのもよいと思います。


.

posted by アポロ at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 占い講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年11月15日

的外れな占い結果に不満を感じたら

占い師のところに行って占ってもらった後で、「当たり障りのない内容だった」とか、「一般論にすぎなかった」「ありきたり」「常識の範囲内」「まったく的外れだった」などと不満げに感想を語る人がいます。

そのような腑に落ちない占い結果になってしまうのは、相談者が占い師に伝えるべき情報を正確に伝えていないことが原因であることがほとんどだと思います。

まず何より重要なことは、「何を占いたいのか」ということ。

よくありがちなのは、「こんなことで悩んでるんです」などと自分の悩みを一生懸命伝えようとはするのですが、肝心の「何を占うのか」ということについては相談者自身もはっきりと決めていなかったりします。そういう相談者は割と多いので、占い師の方もめんどくさくなって適当に占う内容を決めつけて占ってしまうこともありがちだと思いますが、そういうことをすると、決まって「腑に落ちない」という印象を相談者に与えてしまうことになります。

例えば、相談者は恋人の気持ちが知りたいだけだったのに、占い師は勝手に二人の未来を占っていたとしたら、たとえそれが的中していたとしても、相談者にとっては納得のいく占い結果にはならないでしょう。

相談者自身が占いたいことをあらかじめ決めておくことも大切ですが、それよりも、占い師の方がしっかりと相談者から占いたいことを聞き出す手間を惜しまないことの方が重要です。

そして、もう一つ重要なことは、その占いの対象となる事柄に関する情報を正確に把握しておくことです。

例えば「恋愛」と一言で言っても、その受け止め方は人それぞれです。毎日のようにデートしているのか、月一で逢瀬を重ねる遠距離恋愛なのか、手をつなぐだけで舞い上がってしまう学生のような恋なのか、プラトニックなのか、同性愛なのか……そのイメージは千差万別で、「一般的な恋愛」などというものはありません。

それでも、相談者が自分がどういう恋愛をしているのかを伝えなければ、占い師はかなり大雑把な恋愛の一般的なイメージで受け止めてしまうので、占い結果も相談者にベストマッチするようなものにはならず、一般論的な内容になってしまうのも仕方のないことです。

この場合も占い師がきちんと相談者から話を聞き出すことが重要ですが、相談者も個人のプライバシーだなどといってためらったりせず、占いに必要だと思われる情報は出し惜しみせずに話してしまった方がよいでしょう。

もし占い結果に納得できなかったとしたら、自分の説明が足りなかったのが原因だと思ってもよいかもしれません。あるいは、正直に本当のことを伝えず、嘘の情報を伝えたりしていれば、占い結果として帰ってくる答えもまた真実とはなりえません。

私個人の偏見かもしれませんが、良い占い師とは占う前にしっかりと話を聞く占い師だと思います。よく世間で言われるような「黙って座ればぴたりと当る」というような占い師がいたとしたら本当にすごいとは思いますし、それができる人はそれでも良いと思います。ただ、そのような才能を持たない平凡な占い師が、ただの真似事で相談者の話も聞かずに占うようなことをしてしまえば当然当たるわけもなく、相談者が納得するような占い結果も出せません。そんな占いに何の意味があるでしょうか。

占いはその当たり外れに関わりなく、相談者にとって意味のあるものであってほしいと思います。そのためには占い師は話を聞かなければならないし、相談者も自分のことを話すべきでしょう。

そのような占いであれば不満に思うことも減り、占いをもっと有効活用できるようになるのではないでしょうか。


.

posted by アポロ at 21:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 占い講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする