2017年02月11日

スマートフォン専用ページを消してPC版が表示されるように変更してみました

縦書き

スマートフォンでこのブログ(Seesaa のブログ)を開くと自動的にスマートフォン専用のページが表示されるのですが、それを消してスマートフォンでもPC版のページが表示されるように変更してみました。(JavaScriptCookie が無効になっているとPC版は表示されません。)

ほとんどのスマートフォンでパソコンと同じように縦書きで表示されるようになったと思います。記事の部分を左右にスクロールさせて読んでみてください。

試験的にWebフォントも使用してみました。読み込みに時間はかかりますが、閲覧環境によっては味のある行書体で表示されると思います。

文字が小さくて読みづらい場合には画面を縦のままにして拡大すると読みやすくなると思います。レイアウトが崩れている場合にはページを拡大してから再読み込み(リロード)してください。

5インチ以上の大きめのサイズのスマホやタブレットPCの場合には画面を横にしても読みやすいと思います。

Android では表示確認をしているのですが、iPhoneiPad 等ではどのように表示されているかは未確認です。iPhoneiPad の所有者でこのブログをご覧になった方がおられましたらご報告いただければ幸いです。

今までのスマートフォン専用ページはほとんどカスタマイズしていなかったので普通のブログと同じようにシンプルな横書き表示になっていました。そこで、試しにPC版と同じように縦書きにしてみたところ、一応は縦書きにはできたのですが、ページ内に強制的に埋め込まれている広告が激しくレイアウト崩れを起こしてあちこちに飛び回りカオス状態になってしまいました。この広告は削除できないし、レイアウトを修正しようにも手間がかかりすぎてほとんど不可能でした。(ブラウザの設定で JavaScript を無効にすると広告は表示されません。)

仕方がないので縦書き表示はあきらめようかと思ったのですが、広告が表示されるのはスマートフォン専用ページだけなので、スマートフォンでも最初からPC版で表示させてしまえば広告も出なくて見やすくなるのではと考えたわけです。

スマートフォン専用ページを消すのは少し手間がかかるのですが、裏技的な方法でどうにかうまくいったようです。完全に広告を消すことはできませんでしたがレイアウト崩れもなく、閲覧には支障はないと思います。いかがでしょう?

Webフォントについては読み込みに時間がかかってしまう(データ通信量も増える)ので閲覧者に負担をかけてしまうことになるのですが、せっかく縦書きにしてもフォントが味気ないゴシック体ではいまいちです。縦書き時にはせめて明朝体くらいにはしたいものです。ところが、スマートフォンでは端末に内蔵されているフォントが少なくて、特に日本語フォントはゴシック体一択で明朝体すらない場合がほとんどだと思います。ブログでフォント指定しようと思ったらWebフォントを使うしかないわけです。これもなかなかに手間のかかる作業でしたが、どうにかうまくいったようです。

フリーで使えるフォントはあまり多くはなく、あってもライセンスがめんどくさかったりするのでフォント探しも苦労しましたが、とりあえず「衡山毛筆フォント行書」というものを使ってみました。細目でちょっと崩れすぎているので明朝体ほど読みやすくはないと思いますが、味があってよいと思います。何となく雰囲気だけでも味わってもらえれば十分かと……。現在は試験的に使用しているだけなので今後もこのままかどうかは未定です。どうしても読みづらい場合にはWebフォントを無効にできるブラウザを使ったり、SafariFirefoxリーダーモードを使ったりしてみてください。

JavaScriptCookie を両方とも無効にするとWebフォントも無効になり、広告なしのスマートフォン専用ページで閲覧することができます。設定が少し面倒ですが、この方が一番見やすいかもしれません。

解説記事も書いたのでこちらもお読みください。


.

posted by アポロ at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月18日

Ustream の無料占いにご依頼方法を追加しました

ユーストリームUstreamの無料占いにご依頼方法を追加しました。

以前は配信ページのチャットだけが唯一のご依頼方法でしたが、今後はそれに加えて携帯電話固定電話スカイプラインの無料通話、セカンドライフ等からもご依頼いただけるようになりました。

詳細は「Ustream での無料占いについて」をご覧ください。

ユーストリームの配信ページのチャットを使ったライブ(生)占いは五年くらい前からずっと続けているのですが、電話やスカイプではなくあくまで配信ページのチャットを使うことには私なりのこだわりがありました。視聴者の方と直接双方向のやり取りができるインターネットの特徴を生かしたかったのです。生電話で悩み相談をするようなコンテンツは昔からテレビやラジオでもありましたが、それと同じことをやっても意味がないと思っていました。

ふらりとライブ配信のページを覗いてみたら誰でもその場ですぐに相談できる……というような、そんな気軽にできる占いが理想でした。

最初のうちはそれなりにうまくいっていたように思えました。おそらく、今ほど配信の遅延(タイムラグ)が大きくなかったからだと思います。

遅延というのは、私のパソコンから送信した音声や映像が視聴者の端末に届くまでにかかる時間のことです。この時間が長くなってくると視聴者との交流は難しくなってしまいます。以前は調子が良ければ数秒、ひどい時でも十五秒くらいだったかもしれません。それが今では二十五秒前後が当たり前で、改善されるどころかますますひどくなっているように思われます。おそらくユーストリームのサーバー側に問題があると思うのですが、スマホでの視聴者が増え、多様化するニーズに技術が追い付けなくなっているのかもしれません。

ちなみに電話回線などで通話する場合にも遅延は発生します。固定電話で0.1秒程度、携帯電話で0.2秒程度、その他IP電話などで0.4秒程度といわれています。腹話術師のいっこく堂さんがよくやっている「あれ…声が…遅れて…聞こえて…くるよ」という衛星中継か何かの物まねのような現象です。月との通信ですら1.3秒ほどしかかかりませんが、これくらいになるとさすがに「あれ? 声が遅れて…」と気になるかもしれませんね。0.4秒程度ならほとんど気にせず通話はできますが、その遅延が数秒以上、ましてや三十秒近くもあるとしたらとてもじゃないですが会話などまともにできません。

視聴者がチャットで発言した内容は瞬時に私に届きますが、文字入力には時間がかかるので、配信の遅延時間を合わせると会話の往復は一分くらいかかることになります。ライブ配信の時間は五十分間くらいしかないので最大で五十往復くらいの会話しかできないということになります。実際には二十回もやり取りができればいい方です。これではまともな占いなどほとんどできません。

何か質問をしても返事が返ってくるまでに一分以上かかるわけですから、その間何もせずにボーっと待っていると他の視聴者から見たら退屈な配信になってしまうでしょう。いわゆる放送事故ですね。これではエンターテインメントとしてわざわざライブ配信をやっている意味がなくなってしまいます。ライブ配信などせず、待ち時間をカットした動画を作成してユーチューブ等で公開した方がよっぽどましです。

生で占いをするパフォーマンスを視聴者に楽しんでもらいたい。それがライブ配信で占いをする本来の目的です。その目的は現状のやり方では無理ということになるでしょう。

もうあきらめてユーストリームでの生占いは辞めてしまおうかとも考えていましたが、新しいパソコン(→スペック)を購入して環境が改善されたことで別の可能性も考慮することができるようになってきました。

「チャットにこだわらず、普通に電話占いでもいいんじゃないの?」

生占いの大道芸パフォーマンスを楽しんでもらうことを第一に考え、視聴者との双方向のコミュニケーションについてはそろそろこだわりを捨ててもいいのかなとも思えるようになってきました。

以前はパソコンの性能があまりにも低すぎたのでライブ配信中にスカイプなどの他のアプリケーションはできるだけ起動しておきたくなかったのです。下手をしたらパソコンが処理しきれなくなって配信が不安定になったり停止したりすることにもなりかねません。できることが限られていたというのも配信ページのチャットを使うことにこだわる理由の一つでした。

それが今ではパソコンの負荷はほとんど気にならなくなりました。最も負荷のかかるセカンドライフのビューアですら二画面同時に起動させることも平気です。やりたいことが自分の思い通りに何でもできるようになってきたのです。

そこで、今後は電話や仮想空間の中で占いをして、その様子をライブ配信するという形に変えていこうと思いました。チャットも今まで通り使えますが、視聴者とのリアルタイムなコミュニケーションというよりも、占いという大道芸に対するコメントやツッコミをするための手段ということになってくるかもしれません。

電話やスカイプ、セカンドライフ等を使うことで、少なくとも相談者との会話の遅延はひどい場合でも0.4秒程度に収まります。遅延問題タイムラグは完全に解消されることになるのです。

相談者はふらっと街占に立ち寄って占ってもらうような気軽さはなくなります。電話をかけたり占いの館に足を運んだりするときのようにしっかりと気持ちの準備をしなければならなくなります。その点はちょっと抵抗を感じるかもしれませんが、ライブ配信という形は変わらないので、視聴者の方と一緒にタロット占いを楽しんでいただければ幸いです。


.

posted by アポロ at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月05日

電話占いでお勧めの通話手段(Skype、LINE、カケホ等)

Skype でタロット占いをするときにはビデオチャットを使うとタロットカードの表示が簡単にできて便利です。

ビデオを使わず音声通話のみでも画像を送信する機能を使えばチャットの画面にタロットカードを表示させることはできますが、操作の仕方がわからないと画面を切り替えることができなかったりするので初心者には難しかったりします。

それで今までは Skype での占いではビデオチャットの利用を推奨していたのですが、最近ではスマートフォンを使用する際にデータ通信量の制限が厳しくなっていたりするので、通信量の多くなるビデオチャットはできるだけ使いたくないという人も増えているかと思います。

そういったことを考慮して、Skype 無料占いで提示していた条件も「ビデオチャット必須」から「音声通話が可能である」に変更しました。音声通話ならビデオチャットよりは通信量は少なくて済みます。

Skype の音声通話で占いをする場合にはタロットカードを表示するためにチャットも併用しなければならないのですが、その辺の操作方法については無料占いでお試しいただいて慣れていただくとよいと思います。

ただし、使用している端末の Skype のバージョンによってはチャットの画面に直接写真などの画像を表示できない場合があります。その場合でもチャットの画面に表示された URL にウェブブラウザでアクセスすることで画像を見ることはできるのですが、さらに操作が煩雑になって占いに集中できなくなってしまう可能性もあります。

チャット画面に画像を表示できる Skype のバージョンについては公式サイトの以下のページに記載されています。

上記のページに記載されているバージョンより古い Skype のアプリを使用している場合には最初からビデオチャットを使うようにした方がよいと思います。

最近の携帯電話はカケホカケホーダイとかいった通話料金が定額になるプランが普及してきているので、Skype で音声通話するよりも電話回線で通話した方が通信費を節約できるという場合もあるかと思います。そのような方の場合は電話回線で通話して占うこともできますが、Skype に比べて音質が悪くて聴き取りづらくなったりタロットカードの表示ができないというデメリットもあるので、そういったことも考慮して通話手段をお選びいただければと思います。

携帯電話の音声通話も VoLTE (ボルテ)という高音質な通話が可能な機種も増えてきています。近いうちに私の携帯も VoLTE に対応するつもりですが、それまでは Skype LINE 等での通話をお勧めします。

Skype の通話品質を評価する意味でも一度は無料占いをお試しください。


.

posted by アポロ at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月16日

アフターフォローのすすめ

本

アポロのタロット占いのアフターフォローは主にメール占いのために提供しているサービスですが、音声通話占いチャット占いでも利用することができます。

タロットカード: 隠者

そもそも音声通話占いやチャット占いは時間がかかるものです。特にチャット占いは時間がかかります。質問の内容にもよりますが、通常なら二時間程度は必要でしょうし、長ければ五時間くらいかかることもあります。もちろん30分以内で済むものもあります。そういった感覚をつかんでいただく必要もあるので、初回のご依頼については30の料金で制限時間無しの占いをしています。初回はできるだけ多くの時間を確保してご予約いただくことをお勧めします。

一時間以内とか30分以内というようにあらかじめ時間制限を決めて相談している場合でも、その時間内では解釈が不十分だったり、質問したいことが出てきても聞くことができなかったりして消化不良のまま終わってしまうこともあります。

家庭の事情や仕事などのスケジュールの都合でどうしても余裕をもって時間を割くことができず、途中で切り上げなければならなくなってしまうこともあります。

そのような場合にはぜひ「アフターフォロー」をご活用ください。

通常はその場で質問をして納得してもらうのが一番なのですが、上記のような理由で時間を割けない場合もあります。そのような場合には適当な時間でいったん会話を終了して、後からメール等で質問することをお勧めします。

アフターフォローは質問一つにつき500円なので、音声通話で30分延長して2000円追加で支払うよりは負担が軽く済むというメリットもあります。30分以内に五個以上質問することができればよいのですが、そこまで詰め込んでしまうと納得できる回答を得られない可能性も出てきます。)

また、会話の最中は緊張していたりして気づかなかったことも後で落ち着いて考えてみたら気になってくることもあるかもしれません。だらだらといつまでも会話を続けているとかえって混乱してしまうこともあります。一人で考えてみる時間を作るということも大切なことなのです。

自分で考えて答えを出すことができれば一番良いのですが、どうしてもわからないという場合には占い師に聞いてください。

いったん会話を終了して自分の中で考える時間を作り、それから質問をした方が占い結果をより深く理解することができます。そういう意味でもアフターフォローの方が都合がよいといえるでしょう。

アフターフォローは原則としてメールで行いますが、スカイプや LINE 等のチャット(トーク)を利用することも可能です。ただし、いったん会話を終了した後はリアルタイムでのフォローはできません。アポロが質問を確認次第お返事を差し上げるという形になります。

占いが終了した後で時間が空きすぎるとフォローが難しくなるので、その場合には別件として改めてご依頼いただいた方がよいでしょう。リアルタイムに会話をしながら質問をしたいという場合にも通常の占い同様にご依頼いただく必要があります。(予約なしでも相談できます→オンライン時に相談する

なお、簡単な質問の場合には一枚占いという選択肢もあります。料金は同じなのでアフターフォローと厳密に区別する必要はありませんが、音声やチャットでリアルタイムに会話することが可能です。

.

posted by アポロ at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年08月29日

縦書きの記事を快適に閲覧する方法

縦書き

ここ「アポロ漫録」は縦書きのブログです。パソコンのインターネットエクスプローラー、Google ChromeOperaFirefox(バージョン41以上) 等のウェブブラウザで縦書き表示が可能になっています。

更新2017年2月11日)
 スマートフォンでの閲覧については未確認ですが 専用ページを削除してPC版が表示されるように変更してみました

追記20151220日)
 Windows10の新ブラウザMicrosoft Edgeでの閲覧時にはマウスホイールで縦にも横にも自在にスクロールさせることができます。今後はアポロ漫録の閲覧に最も適したブラウザはEdgeになります。

元々は Windows XPIE8 というウェブブラウザでの表示に最適化したデザインになっていましたが、私のパソコンが Windows 7 にアップグレードしたので IE のバージョンも 11 になり、表示を確認してみたところ、IE11 での閲覧にはやや難があることが判明しました。

そこで、IE11 や他のブラウザでもこのブログを支障なく閲覧する方法について解説しておきたいと思います。

その前にまず IE8 の場合ですが、読みたい記事の本文の上にマウスカーソルを乗せてからホイールを上下に動かすことで記事を左右にスクロールさせて読むことができるようになります。マウスの機能の違いで、カーソルを乗せただけではスクロールしないこともあるので、その場合には記事の上を一回クリックすることでスクロールできるようになります。キーボードのカーソルキーの左右、または PageUpPageDown キーでもスクロールできます。

もちろん、下部にあるスクロールバーをクリックしたり左右にドラッグしたりしてスクロールさせることもできます。これは全ブラウザで可能な共通の操作です。

IE11 ではマウスホイールによる横スクロールができなくなりました。横スクロールさせて読むためには、まず最初に読みたい記事の上にマウスカーソルを移動させてから、記事上を一度クリックします。次にキーボードのカーソルキーの左右を押せば横スクロールできるようになります。PageUpPageDown キーを使うこともできます。スムーズ スクロールが有効になっていれば滑らかにスクロールします。

その他のブラウザ(Google ChromeOperaFirefox)の場合も同様に記事上をクリックすればカーソルキーの左右でスクロールできるようになります。ただし、PageUpPageDown キーでの横スクロールはできません。

追記201419日)
 WebKit 系のブラウザ(Google ChromeOpera)では、記事上にマウスカーソルを移動させてから Shift キーを押しながらマウスのホイールを上下に回すと横スクロールできます。これらのブラウザの場合はマウスのホイールボタンで記事上をクリックすると自動スクロールのカーソルが表示されてマウス操作での横スクロールが可能になります。

IE11Firefox の場合にはホイールボタンでクリックしても自動スクロール機能で横スクロールはできません。

また、本文の文字サイズを変更するためにページの拡大・縮小機能を使う場合には、サイズの変更後に一度ページを更新(再読み込み・F5 キー)すると、一行の文字数が自動的に調整されて読みやすくなります。

画面が小さくて読みづらい場合にはブラウザをフルスクリーン表示に切り替えると読みやすくなります。フルスクリーンにするには 11 キーを押します。その後、F5 キーを押して再読み込みすると最適な表示に調整されます。

このブログはウィンドウのサイズに合わせて横幅が自動的に広がるようになっているので、ウィンドウが横に広がれば広がるほど多くの行数を表示できるようになります。

最近のディスプレイはワイドディスプレイが主流になってきていると思いますが、そのような横長のディスプレイでこのブログをフルスクリーン表示すれば閲覧に最適な状態にできると思います。

ワイドディスプレイの画面サイズを生かせるのは縦書きならではのメリットではないでしょうか。一般的な横書きのブログをワイドディスプレイで表示しても画面のサイズを生かした読みやすい書式にすることはできないと思います。

パソコンの画面で縦書きの文章を読むというのもなかなか良いものです。アポロ漫録にて縦書きの記事をお楽しみいただければ幸いです。


.

posted by アポロ at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月01日

本日より消費税は廃止となります(エイプリルフール)

節制

本日より消費税は廃止となります。ただし、税金を納める必要がなくなった代わりに、感謝の気持ちを示すことが義務付けられました。消費者は代金支払いの際に、店員に対して「ありがとう」などと声をかけたり、笑顔や会釈などによって気持ちを伝える必要があります。また、店員は受け取った気持ちを雇い主等に伝えなければなりません。お店の経営者などは利益として得られた「感謝の気持ち」を国に献上するか、公共の利益のために活用することになっています。これによって、我が国はより豊かになることが明らかになったので、税金としてお金を徴収する必要がなくなったそうです。


はい、もちろん嘘ですよ。早めに言っておかないと本気にしてしまう人が出てきそうですからね。エイプリールフール、四月馬鹿です。

毎年いろんな嘘があちこちでつかれ、バカ騒ぎを楽しんでいる人もたくさんいると思いますが、私は今まであまりこの騒ぎに乗っかったことがなかったんですよね。

でも、今年はちょっと乗っかってみようかと思って、どんな嘘をつこうかと考えてみたんです。

せっかくなので、占い師らしく何か予言っぽいことでもしてみようかと思ったのですが、すぐには思いつかなかったので、とりあえずタロットカードをめくってカードで決めてみようと思いました。三枚くらいめくって、一枚目でテーマを決め、二枚目で発展させ、三枚目が実際の予言の内容とする。そんな感じで考えていました。

めくられたカードは、一枚目が「]W 節制」、二枚目が「カップの2」、三枚目が「剣のペイジ」でした。最初の一枚でピンときて、消費税をネタにしようと思いつきました。

実際には今日から消費税は廃止どころか増税され、8パーセントになります。お買い物に出かけると表示価格が税抜と税込の二つが併記されていたりして、ちょっとわかりづらくなっていますね。昨日までは5パーセントだったのに、表示されている税込み価格はすでに8パーセントだったりしてややこしいことになっていました。今の時期、消費税には誰もが注目していることでしょう。

増税前にはそれを名目にセールをやっている電気製品店とかもありましたが、増税後になれば今度はそれを名目にセールを始めてもっと安くなったりすることもあるでしょうし、逆に値上げするお店もあるでしょうね。何が適正価格なのかよくわからなくなって、過剰な消費行動に走る人もいれば逆に買い控えしてしまう人もいたりして、しばらくは混乱する時期が続くのではないでしょうか。

そういう意味で「]W 節制」のカードは消費税に関わる現状にぴったりだと思いました。

続く二枚目の「カップの2」で、お金ではなく気持ちで税を支払うという話になります。これも一見馬鹿げた話ですが、そんな話をノリで書いているうちに、「もしかしたら、これって、遠い未来には本当に実現しているかもしれない」なんて思ってしまいました。物やお金だけが流通する経済ではバランスが取れず、いずれは破たんすると思います。現代の経済もすでに破たんしかけているとは思うのですが、その原因はやはり「こころ」の部分が失われているからだと思います。(ちなみに、三枚目にめくられた「剣のペイジ」には特に解釈はありません。何となく意味を添える程度の感じで読み取っているので深く考えないでください。)

タロットの原理で言うなら、経済は「ペンタクルス」ですが、そこにこころとなる「カップ」、人の欲望・意欲である「棒」、正しく活用するための知恵(経済学)である「剣」の三つの要素がバランスよく組み合わされることで理想の世界が実現することになります。現代社会では「ペンタクルス」「棒」「剣」については十分に発達していると思われますが、「カップ」だけはまだ未熟に思えます。

愛では空腹は満たされないなどと皮肉を言う人もいますが、飽食の時代に欲望のままに空腹を満たし続けた結果が肥満という醜悪な肉体です。心が満たされていなければ、満たされない心を埋めようとして過食症になってしまうのです。愛だけで人は生きられませんが、愛も必要なのです。

だから、いつの日か、お金の代わりに「こころ」で支払われる時代が来てもいいのではないかと、そんな気がしました。

実は、私が無料占いを続けていられるのも、皆さんからの感謝の気持ちをいただいているからにほかなりません。無料占いをした人には必ず伝言板等で感想をお書きいただいているのですが、その書き込みにはお金に匹敵するほどの価値があると思っています。私は無償奉仕をしているつもりはありません。あくまで皆さんからの感謝の気持ちと引き換えに占っているのです。

無料占いなんて辞めてしまおうかと思うこともあるのですが、「お金ではない価値観」を大切にするという意味ではとても意義のあることのような気もします。なので、これからも続けていきたいと思います。

私はすでに実践しているわけですから、ここに書いた嘘予言も、まったくありえない話ではないかもしれませんね。


.

posted by アポロ at 01:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月10日

Tarot FILES No.101 公開しました

Tarot FILES

 タロット占いの実例です。

Tarot FILES #101 -
 別れた彼の心境、状況、今後について


 メールによる依頼の受信から内容確認、占い結果のお届けとアフターフォローまで、ほぼ全てのやり取りを掲載しています。アポロに占いの依頼をされる際の参考にしていただければと思います。また、ご意見やご感想などがありましたら、ぜひお聞かせください。

 このケースでは占いの前の確認作業、占い結果、アフターフォローのいずれもかなりの長文になっていますが、一件のメール占いでやり取りされる文章量や消費時間は相談内容によって大きく変わってきます。場合によっては一往復程度の確認作業と1000文字程度の占い結果、アフターフォローなしというケースもあります。

 アポロのタロット占いは機械作業ではなく、生身の人間が相談者に真剣に向き合って占いをしているので、ご依頼をお受けしてからアフターフォローまでの全ての過程における情報量も相談者にとって最適なものとなるため、常に一定の情報量でお届けすることはできません。相談内容に応じて長文になるときもあれば短文であっさりと終わってしまうこともあります。いずれの場合もアポロからの請求は同一料金となりますが、その差分については相談者が任意でチップによる補填が可能になってます。

 今の世の中、何でもコンピューター任せの便利な時代になりました。占いも例外ではなく、むしろ時と場所を選ばず即座に結果を出してくれるコンピューター占いが大盛況といった傾向にあるのかもしれませんが、何かとめんどくさい生身の占い師がいることも少しは気にかけてやってくださいな。

 アポロはいつでも、あなたの声の届くところにいますから。


.

posted by アポロ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年05月25日

前払い制の導入と初回特典について

 占いの料金のお支払いについて、初回のみ前払いに変更しました。二回目のご依頼からは今まで通り後払いでお受けします。

 また、電話やチャットのような時間制になっている占いの場合には、初回のみ三十分の料金で時間無制限で占わせていただきます。つまり、音声通話なら3000円、文字チャットなら2000円、セカンドライフなら1000円のみのお支払いで、何時間でもお話しすることができます。
追記: 過去に有料で占いをされた方でも、音声・チャット・セカンドライフのそれぞれにおいて一回ずつ時間無制限で占わせていただきます。その場合には初回同様に前払いでお願いします。)

 初めての方は最初に支払いを済ませてしまえば、後は時間を気にせずいくらでもお話ができるので、占いにも集中できると思います。どうぞお気軽にご相談ください。

 アポロのタロット占いでは一九九七年にウェブサイトを開設以来ずっと占いの料金は後払いでお願いしてきたのですが、このたび初めて前払い制を導入することになります。

 もともと、占いの料金は後払いの方が安心して相談してもらえるだろうとの思いから、私としてはそれなりのこだわりを持って後払い制を続けてきたのですが、電話占いやチャット占いで時間制の料金を取り入れたりしたこともあり、また世の中の事情もだいぶ変わってきたこともあり、それにあわせて対応も変えていくことにしました。

 アポロに占いの相談をする場合には「初めてアポロに占いのご依頼をされる方へ」でも書きましたが、まずは無料の占いでお試しいただくことが可能になっています。それで納得していただいた上で有料占いの依頼をすることができるので、お金を払うことへの不安もある程度は解消できると思います。

 しかし、いざ占いにお金を払うとなるとどうしても不安になってしまうのは仕方のないことです。特に初めて相談するときには要領もわからず、三十分程度の占いでは満足できるような結果を得られないこともあります。有料の占いを短い時間で試してみようと思って実際に依頼してみたら思いのほか長時間になってしまい、その上占いの内容にも満足できなかったりでもしたら、占いの後になって請求された金額を支払うのもばかばかしく感じてしまうのではないでしょうか。これではたとえ後払いでも納得できないと思います。

 そのような嫌な思いをさせてしまうようでは、支払いを後払い制にしている意味はありません。前払いで最小限の金額をお支払いいただいた上で、後は時間もお金も一切気にせず、占いのことだけを考えて相談していただいたほうがよっぽど満足してもらえるのではないでしょうか。

 一度でも有料の占いを体験していただければ、アポロの占いが自分に合ったものなのかどうかを見極めることはできると思います。自分に合っていると思えばリピーターになっていただければ幸いですし、合わないと思うなら他の占い師をお探しいただければよいと思います。

 ここまで段階を経れば、次回からは全てを納得した上で有料占いの依頼をすることができると思います。二回目以降は後払いとなるので、相談したいと思ったときにすぐに相談することができます。こういうこともまた重要だと思います。

 前払いだの後払いだのと、いろいろとややこしいことになってますが、相談者にとって最もメリットのある手段は何かと考えた結果ですので、ご理解いただければ幸いです。

 私の願いは、一人でも多くの人に占いを通じて幸せになってもらいたいということです。そのために、できるだけ多くの人に占いに親しめる機会を作っていけたらと思っています。


.

posted by アポロ at 22:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年01月28日

チャット占いの手段に Google トークを追加しました

タイピング

 スマホ向けのチャット占いで使用できるチャットの手段に Google トークを追加したのですが、私自身がスマホを所有していないので、チャット占いで問題なく使用できるのかどうかがわかりません。そこで、テストもかねて無料占いという形で依頼を募集することにしました。

【期間限定!】Google トークで無料チャット占い

 最近ではスマホからの依頼が増えていて、パソコンを持っていないという人もいます。毎晩受け付けている無料占いは主にパソコンユーザーを対象としているので、スマホユーザーの中には無料で占うことができないという人もいました。

 そんなわけで前々からスマホユーザーにも無料で占いをしてもらえる機会を作りたいと思っていたので、今回は期間限定ということになりますが、Google トークを使った無料占いを実施してみたいと思います。

 Google トーク自体は目新しいものではなく、Android などには最初から入っているアプリだそうです。今どきのスマホユーザーの間では LINE などが流行っているそうですが、スマホを持っていない私にはよくわからないので、とりあえずパソコンのジーメール(Gmail)でもチャットができる Googleトークを採用してみました。


.

posted by アポロ at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年01月07日

無料占いの受付時間を夜間に変更しました

 無料占いの受付時間は毎晩23からになります。

 2350分ごろまでは日替わりで受付場所が変わります。

 月・水・金曜日はウェブチャット「アポロのお部屋」で受け付けます。縦書きのチャットで文字のみの会話になります

 火・木・土曜日はユーストリームのライブ配信で受け付けます。配信ページのチャットでご相談いただけます。

 日曜日はスティッカムのライブ配信で受け付けます。配信ページのチャットでご相談いただけます。

 毎日深夜0時から1時ごろまでセカンドライフで受け付けます。こちらはボイスチャットでの占いになります。

 有料の占いを優先しているので予約が入っている場合にはお休みとなる場合がありますが、原則として年中無休で無料占いを受け付けています。

 無料占いは予約は不要ですので、占いたいと思った時にはいつでもお気軽に遊びに来てください。


.

posted by アポロ at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする