2014年12月16日

電動アシスト自転車

本

坂道を自転車で登っていると、後ろからするすると私を追い抜いてゆく別の自転車がありました。坂道なのに私との距離をぐいぐいと引き離してゆきます。しかも、乗っているのは女性のようです。どうやらその自転車は電動アシスト自転車のようです。そうでなければ女性の力でこんなにも軽々と坂を登れるはずがありません。

私ですら坂道を自転車で登るのはそう楽なことではありません。数年前のまだ乗りなれない頃は必死になって汗をかきかき坂道を上っていたものですが、最近になってやっとコツをつかんで楽に上れるようになってきました。

自転車で坂道を登るときは、ついつい足に力を込めてペダルを漕ぐことに必死になりがちですが、それだとすぐに足が疲れて登れなくなってしまいます。坂道は足で漕ぐのではなく、体全体の筋肉を使って漕ぐのです。

ハンドルを握る腕、肩、背筋、腹筋、そして自転車のフレームと一体化し、全身の力を使ってペダルを漕げばどんな坂道だって楽々と登ることができるようになります。自分の足で歩くのと同じようなものです。

このコツをつかんでからは、今よりも体力があった中学生のころですら上り切れなかったような長くて急な坂道でも上り切ることができるようになりました。

物事を解決するのは腕力ではなく経験の積み重ねということなんでしょうね。ちなみに、固くて開かなくなってしまった瓶のふたを開けるときも同じです。力を込めれば込めるほどふたは開かなくなります。逆に力を抜いてふたに手を軽く添える程度の力で回すと簡単に開けられます。怪力の男性ですら開けられなかった蓋を細腕の女性があっさり開けてしまうのはそういうわけです。女性の方が力が強かったわけではないんですよね。

しかし、そんな私の人生経験の賜物を科学の力であっさりと打ち砕いてしまう電動アシスト自転車なのでした。これは人間の進化と言ってよいものなのか……。

科学は進歩しても、人間力はいろんな面で退化しつつあるのではと、ちょっとだけ不安に感じたりして。


.

posted by アポロ at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録2014年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年08月12日

雨上がりのお出掛け

曇り空とケンタッキーフライドチキン

ツタヤで借りた DVD の返却日は今日なので出かけなければならなかったのですが、朝から雨降り。かっぱを着て出かけることになるかと思っていたのですが、昼過ぎには止んでくれたので助かりました。

室温は24度くらいでかなり低め。Tシャツ一枚では寒そうだったので一枚多く着込んで出かけました。

なんかもう夏の暑さのピークは過ぎ去ってしまったようで、今年はほとんど汗をかくことなく終わってしまいそうです。

熱中症? そんなものとは無縁でした。

ツタヤに行く前にケンタッキーフライドチキンに寄ってチキンを二つ買いました。

なんか最近怪我の治りが悪いというか、老いを顕著に感じるので、もっと肉を食わないとだめなのかなぁと思っていたのです。

もう一か月以上前のことだと思うのですが、転んで左手の親指を突いてしまって、折れたかと思うほどの痛みを感じました。幸い折れもせず、外傷も特になかったのですが、関節を痛めてしまったらしく、そのときの痛みがいまだにとれません。

実はタロットカードをシャッフルしたりするときにも支障が出るほどの痛みがいまだに続いているのです。

痛めてみて改めて実感したのですが、左手(利き手は一応右手です)とはいえ意外と日常の多くの場面で使っていて、使えなくなると不自由だということに気付きます。水道の蛇口をひねったり、洗い物をしたりと、右手同様によく使っているのです。

若いころならこの程度の負傷はすぐに治ってしまったと思うのですが、いつまでも昔と同じではないということなんでしょうね。

そこで鶏肉でも食えば、豊富なたんぱく質とコラーゲンで傷ついた関節を修復できるんじゃないかと思ったわけです。

テイクアウトしたチキンはリュックに入れて、ツタヤへ向かいました。

DVD を返却して、また別のを借りることにしました。今月は誕生月ということでクーポン券をもらっていたので、旧作の DVD を一本無料で借りることができるのです。

でも、特に観たい作品があるわけでもないので、店内をうろうろしてしばらく迷っていました。

やっぱホラーかなと思って、和製ホラーのコーナーを眺めてみましたが、どの作品も嘘っぽくて観る気になれませんでした。

いや、映画に本物を求めること自体間違ってますが、最近のホラーはいわゆる「似せ物」ばかりで、他のヒットした作品の怖そうなシーンの真似事をしているだけの、製作者の自己満足作品ばっかりなんですよね。他人のマスターベーションを見せられるのは「怖い」ではなくて「気持ち悪い(嫌悪)」です。

話題の「呪怨」くらいは教養として観ておいてもいいかなと思ったのですが、ジャケットを見ただけで気分が萎えてしまったので、今回はやめました。

この前たまたま YouTube で見かけたガンダムの「逆襲のシャア」が面白そうだったので、今回はこのアニメを借りました。

初期のガンダムシリーズはΖΖダブルゼータまでは全話視聴していると思うのですが、「逆襲のシャア」だけはまだ見たことがありませんでした。あまり詳しいことは知らないのですが、たぶん、このシリーズの完結編になるのかな?

ガンダムとかロボット物は女性には全く興味を持ってもらえないので、女性との会話では話題にすることはできませんが、これくらい有名な作品は、やはり教養として一度は観ておいてもいいんじゃないでしょうか。

ディズニーのようなふわっとしたファンタジーとは全く違う世界観のアニメで、重々しくて男臭くて苦手な人も多いかもしれませんね。実は私も子供のころはほとんどガンダムを観ませんでした。小学生の子供が観ても面白くなかったんでしょうね。ヒーローロボットが出ていなかったらただの重苦しいだけの戦争アニメですからね。

戦争とかヤクザ、マフィアなんかをテーマにした作品は今でも嫌いです。プラトーンとかゴットファーザーとか、有名な作品でも毛嫌いして未だに見ていない物はいくつかあります。

そういえば、今話題のディズニーアニメ「アナと雪の女王」はすでに貸し出しが始まっていて、大量に棚に並んでいました。

ツタヤを出て、今度はローソンへ向かいます。目的はスマホのアプリでスロットゲームをすることです。スロットに当たればローソンのポイントをもらえるのですが、これがなかなか当たりません。

ローソンでの買い物はスロットで稼いだポイントだけでまかなってやろうとか思っていたのですが、ポイントはなかなかたまりません。ごくまれに10ポイントが当たる程度ですが、この程度ではわざわざローソンまで行く気にもなれません。

それでも半ば意地になって、出かけるたびにローソンに立ち寄ってスロットゲームをやっています。当たらなければ何も買わずに帰るだけです。

今日もあきらめ半分でスロットを回してみたところ、珍しく10ポイントが当たりました。これで三回目くらいかな。コーヒー一杯分にすらなりませんが、とりあえず当たったので、義理でお買い物をしてやることにしました。

ホットコーヒーを一杯。Ponta カードを提示することで会員割引が適用されて155円で買うことができました。(そういえば、久々に KFC に入って気づいたのですが、KFC でもローソンと同じ Ponta カードが使えるんですね。チキンでもちょっとだけポイントが貯まりました。)

これも家に持って帰って飲むことになるんですが、コーヒー一杯に155円は高すぎだと思いました。家に帰ればタダ同然のコーヒーを自分で淹れて飲むことができるわけですからね。155円の価値をどこに見出せばいいかわからなくなります。

こういう物は家に持って帰ってから飲むのではなくて、ドライブ中とか、その辺の公園で一休みとか、お仕事の合間の休憩中とか、家の外でコーヒーを飲みたいと思った場合には価格に見合った価値があると思えるかもしれませんけどね。

そもそも、自転車で移動している私の場合、簡易的に蓋をしただけのカップに入ったコーヒーを持ち帰るのは結構大変なことでもあります。こぼれた場合のことを想定してタオルで巻いて、自転車のカゴに置いて持ち帰りましたが、そうまでして飲みたいと思えるコーヒーではありません。ポイントが当たったくらいで調子に乗って無駄遣いをしてしまったかもしれません。

家に帰ると、買ってきたチキンを食べながらコーヒーを飲みました。

チキンは二つで480円でした。これも結構高いと思いましたが、さすがに味は格別で、食べられる部分もそこそこ多いので、これくらいの価値はあるかなと納得できました。やっぱりケンタは美味しいね。


.

posted by アポロ at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録2014年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年05月29日

目薬

自転車で走っていると、目に小さな虫が飛び込んできました。

慌ててブレーキをかけて止まり、携帯電話機のサブディスプレイを鏡にして目を覗いてみると、眼球の上に虫がへばりついていました。

ティッシュを取り出してこよりを作ると、唾液で少し湿らせて目の中に突っ込み、虫を取り出しました。

虫はピクリとも動きません。死んでしまったのでしょうか? ティッシュをプィッと吹いて虫を飛ばしました。

そのままではまだゴミが入っているような気がしたので、常に携帯している目薬を取り出し、目に差そうと思って上を向くと、雲間から覗く青空が見えました。

空

「あ、晴れてきたんだ。」

一滴目薬を差すと、再び自転車をこいで街へ向かいました。


.

タグ:目薬 青空
posted by アポロ at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録2014年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年01月28日

流されず、逆らわず。

散歩に出かけると、やや西からの強い南風が吹いていました。東や北に向かって歩いていると、風に背中を押されるくらい強い風です。

気温は高めで太陽も出ていたせいか、震え上がるほど風が冷たいとは感じません。むしろ心地よいくらいでした。横風を受けるとマスクが浮き上がってしまうので、ほとんど直接外気を呼吸している状態でした。

目の前の空にとんびが一羽、ふわふわと浮いているのが見えました。とんびにしては割と低めの位置で、地上から十メートルくらいの高さでしょうか。風にあおられ、ふらふらと揺れている様子が面白いと思いました。

強風に向かう形で浮いているので、なかなか前に進まないのですが、それでもまったく羽ばたくことなく、凧のように浮かんでいるだけなのに、不思議なことに前に進んでゆくのです。

こんなに強い風の中、まったく羽ばたくことなく風の吹いてくる方向に飛べるのです。

風に従い流されるわけでもなく、向かい風だからといって必死になって羽ばたく必要もない。

そういう生き方もできるのだと、とんびに学びました。

電柱の上のとんび


.

posted by アポロ at 15:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録2014年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年01月14日

歩調

散歩

厳しい寒さの続く日々。よく晴れた日に陽射しを浴びながら散歩をするのが好きです。

先日は散歩のときに何歩くらい歩いているのか計ってみました。ふとした思い付きだったので万歩計などを用意していたわけではないのですが、たまたま携帯電話機に内蔵されていた歩数計の機能を使ってみました。

約三十分歩いて記録された歩数は約3000歩でした。つまり、一分間で百歩と考えればわかりやすいですね。時計の秒針や人間の心拍数よりも速いテンポということになります。

歩数を計ることを意識して集中して歩いていたせいもあるかと思いますが、一分間で百歩というのはちょっと速いかなという気もしました。

寒い時はゆっくり歩いていると体が冷えてしまうので、自然と早歩きになってしまうのかも。走ればもっと温まるのかもしれませんが、汗をかいてしまうと後でかえって冷えてしまうので、このくらいのペースで歩くのがちょうどいいと思います。

暖かい日差しを浴びながら、田畑の間を一人で歩いていると、ふと思いました。

これが、私の歩くペース(歩調)です。でも、一人だからこのペースで自然に歩けるのです。

もし自分の隣に誰か他の人がいたとしたら、この歩調はどうなるでしょう?

それでも私は自分のペースで歩き続けるでしょうか。

あるいは、隣の人に合わせて自分のペースを変えることになるのでしょうか。

もし、私が自分のペースで歩き続けたとしたら、相手は私のペースに合わせなければなりません。

でも、相手が私に合わせてくれなければ、私の方から合わせなければ一緒に歩くことはできなくなってしまいます。

私か隣の相手か、どちらかが自分のペースを乱し、相手に合わせる努力をしなければならないのでしょうか?

それではどちらかが疲れ果ててしまい、いずれは歩き続けることができなくなってしまいます。

一緒に歩くということは、そういうことではないような気がします。

どちらかが相手のために犠牲になるのではなく、お互いに相手のことを思いやる気持ちで歩くことができれば、いつまでもいつまでも、一緒に歩き続けることができるのではないでしょうか。

もし、疲れたら一緒に歩みを止めて休みましょう。そして、また立ち上がって一緒に歩くのです。

その相手が自分の恋人や夫婦ならば、手つないで一緒に歩けたらいいですね。


.

posted by アポロ at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録2014年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年01月01日

初詣

今朝は一時間ほど仮眠をとった後、六時半ごろに家を出て、徒歩で散歩に出かけました。初日の出を拝もうと思ったのですが、あいにく東の空は曇っていてなかなか太陽が出てきませんでした。

仕方がないのでその足で近所の神社へ行って初詣をしてきました。

春近神社

春近神社といいます。元旦だというのにほとんど人がいませんでしたが、このくらいの方が気が楽でいいです。お賽銭を投げ込んで、今年は良い年になりますようにとお願いしてきました。

帰り道、ほんの少し日の光が見えたので、これをもって「初日の出」ということにしておきます。

太陽さん、2014年もよろしくね。

初日の出

強い風が吹いていて少し寒かったですが、ゆっくりと歩いて、帰宅したのは八時半ごろだったので、約二時間のお散歩になりました。こんなに歩いたのは久しぶりです。


.

posted by アポロ at 09:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録2014年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする