2017年01月06日

何かの予兆? 山の動物たちとの遭遇

本

夕暮れ時、山の麓からカラスの大群が舞い上がり、やがて空を黒く埋め尽くした。カラスの大群が一斉に舞い上がることはよくあるが、何となく奇妙な光景だった。

「不吉だと思うか?」と自分の感覚に問いかけてみたが、特に何も感じない。気にせず帰ることにした。

帰り道、目の前の路上をこちらに向かって歩いてくる動物がいた。

「猫か?」

私が近づくまでその動物は遠慮なしに道を歩き続けていたが、こちらに気づくと進路を変えて脇の林の中に逃げ込んだ。

その様子をずっと見ていたが、日が沈んだ後の薄暗い視界の中ではそれが何なのかはっきりと判別することができなかった。

私は自転車を止めて林の中の動物を観察した。

向こうも林の中からこちらをじっと見ていた。

口笛を吹いて手招きをしてみたが、近づいてくるわけでもなく、逃げようともしなかった。

体つきは猫のようだったが、顔がどうも違うようにも思う。

イタチ? ハクビシン?

そんな野性味のある顔だったが、丸々とした胴体が猫や犬っぽくも見えた。

まさか、タヌキか?

顔はタヌキのようでもある。でも、体が……毛がないようにも見える。

「病気なのか?」

胴体はしわしわの皮膚が丸出しのようにも見える。

タヌキだったらもっとふさふさと毛が生えているのではないか?

細くて枯れたススキのような尻尾が見えた。

見れば見るほどなんとも不気味な姿だった。

自転車を降りてもっと近づいて観察してみたかったが、その動物を脅かしたくはなかったので、そのままそっと視線を外して帰ることにした。


.

posted by アポロ at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月25日

大寒波襲来

タロットカード: ペンタクルスの5

大寒波が襲来し、地方によっては記録的な大雪となっているようですね。私の住む地域でもかなり冷え込んでいます。室温は2度くらいまで下がっているので、もうすぐ部屋の中でも氷が張りそうです。

今年はつい先日まで記録的な暖冬といってもいいほどの晴天続きだったのですが、それを覆す極端な寒波が突然やってきました。この気候の急変にはびっくりです。

あんまり寒いとついつい卑屈になりがちかと思いますが、寒ければ寒いほど普段は当たり前のように感じて忘れがちな「ぬくもり」に気づくことができたりします。

寒空の下でホットコーヒーをすすると、喉元や臓腑に染み渡るようなぬくもりに救われます。

孤独に打ちひしがれているときほど何気ない人のやさしさが嬉しく感じます。

外は寒くても暖房の効いた部屋で暮らせる幸せを実感します。

当たり前になりすぎて忘れていた身近な幸せを思い出すために、時には地獄のように辛い境遇に落とされる必要もあるのかもしれませんね。

タロットカードの「ペンタクルスの5」を見ると誰でも暗く寒々としたネガティブな印象を受けると思いますが、だからといってこのカードが常に悪い意味を示しているとは限りません。辛い時だからこそ気付くことができる幸せがあると教えてくれているのです。


.

タグ:暖冬 寒波
posted by アポロ at 17:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする