2017年08月09日

真夏の夜のお月見は寒かった

タロットカード: ][ 月

昨夜は真夜中(というか早朝三時ごろ)に外に出てみると、空が晴れ上がっていて綺麗な満月が出ていました。星も輝いています。

昼間は曇りで雨が降ったりもしていたので月見は無理かと思っていたのですが、予想外に晴れてました。

久々にお月見ができると思ってさっそく夜のお散歩に出かけたのですが、昼間と同じ感覚でノースリーブのシャツ一枚と短パンで出てきたらめちゃくちゃ寒かった。

こんなに寒いとは、これもまた予想外。

数日前に夜中に出かけた時は夜でも暖かいもんだと意外に感じていたのに、今度は寒すぎるんです。

夏の夜は不可解です。

歩いているうちに体も温まってくるかと思ったのですが、ほとんど最後までずっと寒いままでした。

散歩のお供は音楽。スマホで聴きます。

曲はベートーヴェンの「月光」。月見散歩の定番です。

レベッカの「MOON」もいいんですけどね。お化けの声が聞こえるということで昔話題になったアレです。

すぐに流れ星が一つ落ちてゆくのが見えました。明るくて大きめで、短めの流れ星。

もっと見れたらいいなと思ったのですが、そう思って空ばかり見上げているのも疲れるので、無理に探そうとはしませんでした。

流れ星って、見ようと思う時には見れなかったりするんですよね。

月を見上げると、晴れた空にギラギラと言っていいほどまぶしく輝いていました。

月ってこんなに明るかったっけ?と思うほど、異常に輝いて見えました。

空が澄んでいたからなのか、夏だからなのかよくわかりませんが。

長時間凝視するのは無理でした。

お月見と言っても、ずっと月を見ていなければならないというわけでもありません。

月の光のシャワーをノースリーブの露出した肩や腕や脛に浴びながら散歩をします。

昼間の太陽のように月の光も肌で熱を感じるものかと意識を集中して全身で月光を浴びてみましたが、さすがに熱は感じませんでした。

やっぱり寒かった。真夏の月の光は不思議です。

月見というのは、そこにお月さんを感じることができればそれでいいんです。

空を見上げなくても、むしろ月光に照らされ明るくなった一面の風景で味わうものです。

月見だからって、月ばかり見なくていい……そういう感じ方は大事だと思います。


.

タグ:月見 満月 散歩
posted by アポロ at 17:13 | Comment(0) | 漫録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月12日

「今」を刻んでいますか?

日々の生活の中で、自分自身の体験として積み重ねられてゆく何気ない思い出。そんな思い出こそ大切に、そして忘れないでほしいと思います。

棒の8

今の時代は誰もが無意識のうちに大量の情報にさらされています。見たり聞いたりするつもりがなくても、知らず知らずのうちにどんどん情報が入ってくるでしょう。

スマホの画面にくぎ付けでLINEやツイッターやフェイスブックなどのSNSのチェックを怠らず、分刻み、あるいは秒単位で新しい情報がどんどん入ってきます。そんな新しい情報や友達からのメッセージにさらされていることが快感でやめることができません。情報が遮断されるのは呼吸ができなくなるのと同じで、死にそうになるくらいの禁断症状に苦しむことになりかねません。

それらの情報の大半は記憶に残ることなく、次々と押し寄せてくる情報の波に押し流されて消えてゆきます。新しい情報を取り入れるためには古い情報を捨てなければなりません。人間の記憶容量は無限ではないのです。そこで、外部記憶(ネット)に依存することになります。

沢山の情報が自分の目の前にあるという自覚はあるので、なんとなく自分は何でも知っているというような錯覚をしている人も多いことでしょう。知らないことはスマホでネットにアクセスして(もはやそんな自覚すらないかもしれませんが)検索すればすぐにわかるので、知らないことはない(わからないことはない)と思い込んでいるのです。

人前で「知らない」と言うことが恥ずかしいとすら思っているでしょう。本当は「知っている」というのは「調べればわかる」というだけのことであって、実は「何も知らない」というのが真実かもしれません。

誰もがただ「知ってるつもり」でいるだけなのです。

昔、そんなタイトルのテレビ番組がありました。ほんの十数年ほど前までは、日常のちょっとした疑問をテーマにしたテレビ番組がたくさん作られていましたよね。でも、今はそういう番組が少なくなってきたような気もします。作っても観ないんでしょうね。視聴率が取れないんだと思います。みんなこう思ってますよ。

「そんなこと調べればすぐにわかるよ。」

自分の方が詳しく知っている(つもり)だからテレビなんか観ない。ネット(スマホ)さえあれば幸せ? OK Google とか Siri とかコルタナさんですか。

調べればすぐにわかるし、調べてわかったつもりでいます。でも、そう思えるのはその時だけで、そのような知識は長期記憶として残らずにすぐに忘れてしまいます。記憶として残る前に次の情報が押し寄せてどんどん上書きしていってしまうからです。

そんなことを繰り返しているうちに、いつの間にか自分は「何でも知っているつもりで何も知らない人間」になってしまいます。結局、中身は空っぽなんです。

そんな人生は、ただむなしいだけです。

知らないことは知らないままでいい。わからないことはわからないままでいい。無理に調べようとせず、ただありのままを受け入れればいい。

世の中で何が起きていようと気にすることはありません。今、自分の目の前で、自分の身に起きていることこそが大事なのです。

他人がSNSに載せている料理の写真を見て「めしテロだ!」なんて文句を言いつつ話のネタにするのも楽しいかもしれませんが、そんなバカ騒ぎはいつか虚しいと思う時が来るだけです。思い出に残ることなど何もないでしょう。

そんなことよりも、母親や奥さんが(あるいは旦那さんが)作ってくれた朝食……いつもと変わらないごく平凡な食事であっても、それに感謝してしっかりとかみしめ、味わって食べてみましょう。それがかけがえのない思い出となり、家族の絆となっていつまでも心の奥に残ってゆくのです。幸せな人生とはそういうものでしょう。

一人暮らしだから寂しいだなんて思うことはありません。寂しいと思うのは、自分の生き方にしっかりと向き合っていないからです。他人を見てうらやましいとか、そんなことばかり考えているから寂しくなるのでしょう。

自分一人で作ったご飯とみそ汁だけの朝食だっていいじゃないですか。お米を作ってくれた農家の方に感謝する気持ちがあれば、それだけで幸せな気分になるものです。そういう気持ちを忘れているから孤独で寂しい日々を過ごすことになるのです。

余計な情報を遮断して日々の出来事にしっかりと向き合っていれば、その出来事のすべてが大切な思い出として胸の内に刻まれてゆくことになります。そうして刻まれた沢山の思い出があれば、虚しい人生を過ごすことなど決してないでしょう。


.

posted by アポロ at 19:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 漫録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月17日

不倫は悪いこと?

タロットカード: 悪魔

ことあるごとにやり玉に挙げられる「不倫」と呼ばれる男女の関係があります。芸能人や政治家、スポーツ選手などの著名人の不倫問題は頻繁にニュースやワイドショーで取り上げられ、たいていは当事者がしばらくの間メディアから姿を消すことになります。どんなに人気のあるタレントでも不倫疑惑をかけられた途端に世間の風当たりは冷たくなります。まるで重罪人扱いです。

不倫よりももっと悪質な行為はいくらでもあるのに、なぜか世間をにぎわすのは不倫の話題ばかりです。おそらく、不倫が悪いというよりも、世間の人々の大半が不倫という話題が好きなんでしょうね。

もちろん不倫が好きという意味ではなく、むしろその逆で不倫は許せない、嫌いだという人の方が多いのでしょうが、そうやって他人を責め立てるのが好きということなんでしょうかね。

政治とか経済とかそういう難しい話よりも、身近に起こりうる恋愛話の方がとっつきやすいということもあるでしょう。

似たような問題に「ドラッグ(大麻)」がありますね。それによって多くの著名人が人生を棒に振っています。こちらは明らかに違法行為なので世間から叩かれるのは当然ですが、それにしても不倫同様に騒ぎすぎだとは思います。大麻なんてアルコールやたばこと同じで嗜好品の一種にすぎません。たまたま法律で禁止されているというだけであって、禁止されていないアルコールの方がよっぽど危険性が高いと言ってもいいくらいです。

でも、いくらなんでも騒ぎすぎですよね。人の不倫なんかどうでもいいじゃないですか。それよりももっと正すべき事柄が世の中にはたくさんあるはずです。そちらに目を向けましょうよ。

私は占い師という立場上、不倫を否定も肯定もできません。もちろんその言葉の意味からいえば「倫理に反すること」であるわけですから「良くないことですよ」と諭すべき行いなのかもしれませんが、そもそも「不倫」という言葉を当てはめることが適切かどうかも疑問です。(この言葉は1980年代のテレビドラマの影響で広まったと言われています。割と最近使われるようになった流行語のようなものであって、そもそも適切な日本語というわけではないのです。)

タロットカード: 恋人

今の日本という国の常識から言えば確かにそれは不倫かもしれませんが、価値観が違う世界であればそれは単なる「恋愛」や「純愛」かもしれないのです。同じ日本人であっても、すべての人に同じ常識が通用するというわけでもありません。その人の生き方はその人だけのものです。だから、占い師は人の恋愛について自分の価値観で勝手に決めつけて導くことなどできないのです。それができるのは宗教家だけです。宗教なら神の名のもとに不動の価値観が確立されているのでそれに従って人を導くことができます。あるいは不貞行為を重罪として裁くこともできるでしょう。

私は人を裁きませんが、正しい道へ導くこともしません。でも、あなたが望むのならば、たとえそれが間違った道(不倫)であろうとも、あなたがとるべき行動を教えることはできるかもしれません。それが、占い師の仕事ですから。

タロットカード: 隠者


.

タグ:悪魔 恋人 恋愛
posted by アポロ at 22:17 | Comment(0) | 漫録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月03日

苔むし朽ちかけた樹

樹

苔むした樹があります。道路のわきの切り立った土手にしがみつくように斜めに生えています。ちょうどこのくらいの危うい角度のまま、ずっとそこにあります。いつからそこにあるのかは知りませんが、今でもそこにあります。昔のままの姿で。

たまにその樹の横を通り過ぎると、昔の光景を思い出します。もう三十年以上も前のことですが、この樹の姿はあの時と全く変わっていません。

小学生のころのある日、学校の帰り道にそこを通りかかると、その樹に寄りかかるようにしてしがみつき、上の方に手を伸ばして「うーん、うーん」と唸り声をあげている同級生の友人の姿がありました。

写真の中央付近の細い方の樹の幹には表皮のあちこちにぼこぼことくぼみがあります。その窪みの一つに小石か何かが乗っかっていました。友人はそこに手を伸ばして唸っているのです。いかにもその小石を取りたくて必死になっているのだと訴えているかのようでした。

いたずら好きのその友人がまたふざけているだけだということはすぐにわかるのですが、下手な演技のパフォーマンスに釣られて近づいてゆくと、友人は小石を取りたいのだがどうしても手が届かない、代わりに取ってくれと言います。

そんなの簡単だとばかりにまんまと乗せられて樹にしがみつき小石に手を伸ばそうとすると、友人は後ろから私を突き飛ばし、切り立った土手の下に落とそうとしたのでした。

友人の悪質ないたずらだったんですけどね。怪我をしてもおかしくないくらいの、ちょっと危ない遊びでした。子供のころはそんなことばかりやってましたよ。

この樹を見ると、今でもそこにしがみついて唸り声をあげている友人の姿が見えます。

その友人は二十代の若さで死んでしまって、今はもうこの世にはいないのですけどね。苔むし朽ちかけた樹だけは今でもまだそこで生きています。

追記(二〇一七年九月九日)

その樹が切り倒されたことを知りました。無念です。

無残な切り株」(裏ポロ)


.

タグ:
posted by アポロ at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月12日

茶色い毛玉

モグラの穴

後ろ向きに歩いて散歩をしていました。久々の春の日差しを顔面で存分に受けたかったので、太陽の方を向いて歩くことにしたのです。

すると、後ろ向きの私の目線の先に、道端の土手をちょこちょこと動き回る茶色い毛玉を見つけました。15センチくらいのネズミのような形をした小動物です。ふさふさで茶色い毛に覆われていて、とてもかわいく見えました。不潔な感じはしません。初めて見る動物でしたが、モグラで間違いないと思いました。

慌てて近寄り、持っていた携帯電話のカメラで撮影しようと思ったのですが、モグラの方も私に気づいたのか、素早く走って近くの穴の中にもぐってしまいました。この時期、土手にはあちこちに穴が開いています。おそらくは彼らモグラたちが出たり入ったりして開けた穴です。まさか逃走経路としても使われるとは思いもしませんでした。

モグラを見たのは今までで一度か二度ほどしかないと思います。実のところ、ほとんど記憶になくて、何となく見たことあるかな?くらいのうろ覚えの記憶しかありません。それくらい目撃することがレアな野生動物なんですよ。穴だけはいつもたくさん見ているので、存在はものすごく身近なんですけどね。

後ろ向きに歩いていたからなのか、視点を変えると普段は見えないものが見えてくるのかもしれません。今回はかなり近くではっきり見ることができました。意外と綺麗な茶色をしているんだなと思いました。土の中の動物なので汚いイメージもあるかもしれませんが、実際にはそうでもないんですよね。

春です。いろんな動物が土の中から出てきます。


.

posted by アポロ at 18:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月09日

メール占いを値上げします

本

メール占いの料金を値上げすることにしました。今までは5000円(公開可の場合は3000円)でしたが、今後は1万円にします。占い結果の内容は以前と全く同じで、特にグレードアップするとかいうことはありません。

初回の割引きはなく、二回目以降なら公開可としていただくことで半額の5000円にします。

つまり、初回の方にとってはかなりハードルの高い占いということになってしまいます。初回の場合には500円の一枚占いで何度かお試しいただいてから通常のメール占いをご依頼いただくとよいと思います。

実をいうとメール占いは私自身の負担が大きすぎて、時間もかかるし体力・精神力も消耗するので数をこなせなくなってきてしまったのです。若いころは一日何件もこなせたのに、今は一件占うのが精いっぱいという感じです。老いでしょうかねぇ……。

仕方がないので値上げしてご依頼の受付けをセーブすることにしました。

その代わり、負担が軽い音声通話占いとチャット占いでは割引きのサービスを始めます。通常の料金は今までと同じですが、公開を許可いただくことで半額にします。正確に言うと半額というわけではなく、半分の時間の料金ということになります。例えば電話占い(30分で2000円)で1時間占った場合には通常は4000円になりますが、30分の占いとみなして料金は2000円になります。30分以下の場合はそれ以上割引きにはなりません。

時間無制限コースも今まで通り1万円ですが、公開可の場合には5000円にします。

音声通話占いやチャット占いは今まで以上に気軽にご依頼いただけるようになると思います。今後はこちらをメインに受けて、メールの方はぼちぼちやっていこうかなと思っています。

とはいえ、メール占いの依頼が入った場合には最優先で対応します。今後もメール占いに最も力を入れていくことには変わりありません。(電話占いやチャット占いは、私にとってはむしろ息抜きにすらなるほど負担が軽いんですよ。)


.

posted by アポロ at 01:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 漫録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月06日

何かの予兆? 山の動物たちとの遭遇

本

夕暮れ時、山の麓からカラスの大群が舞い上がり、やがて空を黒く埋め尽くした。カラスの大群が一斉に舞い上がることはよくあるが、何となく奇妙な光景だった。

「不吉だと思うか?」と自分の感覚に問いかけてみたが、特に何も感じない。気にせず帰ることにした。

帰り道、目の前の路上をこちらに向かって歩いてくる動物がいた。

「猫か?」

私が近づくまでその動物は遠慮なしに道を歩き続けていたが、こちらに気づくと進路を変えて脇の林の中に逃げ込んだ。

その様子をずっと見ていたが、日が沈んだ後の薄暗い視界の中ではそれが何なのかはっきりと判別することができなかった。

私は自転車を止めて林の中の動物を観察した。

向こうも林の中からこちらをじっと見ていた。

口笛を吹いて手招きをしてみたが、近づいてくるわけでもなく、逃げようともしなかった。

体つきは猫のようだったが、顔がどうも違うようにも思う。

イタチ? ハクビシン?

そんな野性味のある顔だったが、丸々とした胴体が猫や犬っぽくも見えた。

まさか、タヌキか?

顔はタヌキのようでもある。でも、体が……毛がないようにも見える。

「病気なのか?」

胴体はしわしわの皮膚が丸出しのようにも見える。

タヌキだったらもっとふさふさと毛が生えているのではないか?

細くて枯れたススキのような尻尾が見えた。

見れば見るほどなんとも不気味な姿だった。

自転車を降りてもっと近づいて観察してみたかったが、その動物を脅かしたくはなかったので、そのままそっと視線を外して帰ることにした。


.

posted by アポロ at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月25日

大寒波襲来

タロットカード: ペンタクルスの5

大寒波が襲来し、地方によっては記録的な大雪となっているようですね。私の住む地域でもかなり冷え込んでいます。室温は2度くらいまで下がっているので、もうすぐ部屋の中でも氷が張りそうです。

今年はつい先日まで記録的な暖冬といってもいいほどの晴天続きだったのですが、それを覆す極端な寒波が突然やってきました。この気候の急変にはびっくりです。

あんまり寒いとついつい卑屈になりがちかと思いますが、寒ければ寒いほど普段は当たり前のように感じて忘れがちな「ぬくもり」に気づくことができたりします。

寒空の下でホットコーヒーをすすると、喉元や臓腑に染み渡るようなぬくもりに救われます。

孤独に打ちひしがれているときほど何気ない人のやさしさが嬉しく感じます。

外は寒くても暖房の効いた部屋で暮らせる幸せを実感します。

当たり前になりすぎて忘れていた身近な幸せを思い出すために、時には地獄のように辛い境遇に落とされる必要もあるのかもしれませんね。

タロットカードの「ペンタクルスの5」を見ると誰でも暗く寒々としたネガティブな印象を受けると思いますが、だからといってこのカードが常に悪い意味を示しているとは限りません。辛い時だからこそ気付くことができる幸せがあると教えてくれているのです。


.

タグ:暖冬 寒波
posted by アポロ at 17:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする