2011年03月15日

被災者のことを思って○○を自粛しますとか、そんな風に逃げてどうする!

こんな時だからこそ、いつも通りに動ける人は動くべきなんじゃないかな。

不謹慎だとかそんな風に思われることを恐れて何もしないのは単なる「委縮」であって、「自粛」という言葉の隠れ蓑で自分を正当化しようという卑怯者の考え方だ。

できることがあるなら何でもいい。どんな些細なことでも、いつも通りに動いてゆくことで、世界は元に戻ってゆく。力を取り戻す。

復興って、そういうことでしょ。

被災地にいなくても、あなたはただいつも通りの日々を送るだけで、多くの人が救われているんだよ。

何かをしなければならないと思っても何もできない自分を責めても仕方がないし、そう思う気持ちはネガティブな感情を広めるばかりでかえって迷惑だ。

歌え、笑え。いつも通りに!

.

posted by アポロ at 14:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 漫録2011年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年03月03日

相手を悪に仕立て上げれば自分は正義と言えるだろうか

正義

しっかりとコミュニケーションを取らなければ誤解が生じるのは当然の事なのに、勝手に誤解しておいて不愉快な思いをしたまま相手との関係を遮断してしまったら、理解しあうことなどますますできなくなってしまうでしょう?

きちんと話し合おうとせず、逃げてばかりいる人が多すぎます。自分を守ることに必死で、相手を受け入れようという気持ちを持とうとしない。自分自身にとっては「平和主義」のつもりかもしれないけど、それは裏を返せば、「自分の手を汚さずに相手を傷つけること」になってはいませんか?

私は、そういう卑怯者は嫌いです。

でも、そういう嫌いな人ですら、私は拒絶しません。いつでも入口の門は開け放ってあるので、堂々と入ってきてもらいたいものです。陰でコソコソとせずにね。

愛だの平和だのと表向きはきれいごとばかり言うような人たちに限って、裏では自分を守るために平気で他人を傷つけたりしているような人ばかりでうんざりしています。

私ですか? 私は、きれいごとはあまり言いませんから。私の言葉は自分の信念であって、きれいごとを言っているつもりはありません。私は剣を取り、堂々と戦ってきたつもりです。私の手はもう、ずいぶんと汚れてしまっているでしょうね。

.

posted by アポロ at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録2011年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月28日

読めない名前・・・読み方がよくわからない名前というのは昔からありましたが、確かに最近の傾向はちょっとおかしい。

読めない名前、多いですね。

読み方がよくわからない名前というのは昔からありましたが、確かに最近の傾向はちょっとおかしい。

名前というのは人に見せる物であって、自分の物であると同時に公共の物でもあると思います。他人にも読める物である必要があるのです。自分だけのルールで好き勝手につけていいというものではありません。社会のルールにのっとった上で付けなければ意味がないのではないでしょうか。

最近は「言葉は変化する、文化とはそういうものだ」といったような言い訳が流行しているようですが、何でも「文化」で片づけていいとは思いません。

誰もが「オレ様ルール」に酔いしれて社会性を無視した行動をし始めたら、「社会」というまとまりはどんどん失われてゆくような気がします。そこにはもう「文化」としての統一性など生まれようもないのではないでしょうか。

難しいことを言わずとも、ただ「他人のことを思う気持ち」があれば、自分勝手な名前の付け方もしないと思うのですけどねぇ。

最近流行はやりフェイスブックは実名登録制のSNSですが、読めない漢字名で登録しても、結局はローマ字の名前も登録しておかないと正しい名前で呼んでもらえなくなってしまいます。

日本人は漢字の名前の方が覚えてもらいやすいなどと言う人もいますが、難読名の場合はローマ字表記でなければ読めないわけで、それなら最初から漢字の名前など必要ない、ひらがなやカタカナの方がよっぽどましだということになってしまいます。

こういった実名登録のSNSが出てくることで、名前というものが単に個人の所有物というわけではなく、社会性のあるものだということに気づくよい機会になるのではないでしょうか。

逆に、社会性があれば、たとえそれが本名でなくとも「実名」として通用すると思いますけどね。

.

posted by アポロ at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録2011年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月22日

音声入力ソフトは必ずしも障碍者だけのものではないと思う

しゃべるだけで簡単に文字入力できる音声入力ソフトAmiVoiceSP の動画です。

キーボードでの文字入力があまり得意でない人は今でも多いと思います。パソコン初心者だけでなく、お年寄りの方などにとってもキーボード操作はパソコンを快適に使う上での障害となっているのではないでしょうか。

ここ一、二年の間に私もセカンドライフなどでボイスチャット(音声会話)をするようになって、文字チャットの入力の遅さ、変換の煩わしさなどが気になっています。特に、こちらが音声で話していて相手が文字チャットの場合には、相手が文字を入力している時間が長く感じてしまいます。実際、文字での会話は音声に比べると五倍も時間がかかると言われています。

私もボイスチャットを使うようになる前は十数年来、文字でのチャットを頻繁に行ってきたので、文字だけでも会話のスピードにはほとんど不都合を感じたことはないのですが、かといって、相手も同じように文字入力が高速にできるとは限りません。文字入力のスキルは人それぞれで、非常に大きな差があるのです。

しかし、この動画を観て、その入力速度と変換精度の高さには驚かされました。いまやここまで技術が進歩しているとは! これなら、パソコン初心者などがキーボードで入力するよりもはるかに高速で、しかも正確な文章で文字入力することができそうです。チャットなどもスムーズにできるようになるかもしれません。

音声入力ソフトは、キーボードを打つことができないような障碍しょうがい者のためのものと思われがちかもしれませんが、これからは一般の人がコンピューターを扱う上で日常的に使われるものとなって行くかもしれません。

音声を文字に変換することで、聴覚障碍者の方とのコミュニケーションも可能になります。文字情報であれば、それを自動的に翻訳して外国人と会話することも可能になるでしょう。セカンドライフのチャットにはすでに翻訳機能が内蔵されています。

パソコン初心者やご老人、聴覚障碍者や手足の不自由な人、言語の異なる異国人……あらゆる人々とのコミュニケーションを可能にする、まさに言葉のバリアフリーを実現する夢のようなソフトが、このような音声入力ソフトなのです。

今はまだ高額でなかなか手が出ないソフトですが、こういったソフトがパソコンや携帯電話に標準で組み込まれ、誰もが日常的に使うことができるようになったらいいですね。

.

posted by アポロ at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録2011年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月19日

「有名ですよね」といったようなお世辞は嫌いです

どこへ行ってもよく言われるのが「噂はかねがね聞いております」とか「有名ですよね」といったようなお世辞。以前からありましたが、最近特に多いような気がします。

そういうお世辞、嫌いなんです。言ってる本人は「あなたは有名ですごい人なんですね」とめたり胡麻ごまをすったりしているつもりなのでしょうけど、それで相手が喜ぶと思うのは大きな間違いです。

言われた方からすれば、「陰でコソコソ噂話されている」と感じてしまうこともあり、たとえそれが良い噂であっても、本人の目の前で「噂を聞いてますよ」などと言うのは感じの良いものではありません。せめて、「占いがよく当たると評判ですよ」とか「知り合いが喜んでいました」といったような具体的な内容で言ってくれれば安心できるのですが、単に「」とだけ言われると悪い噂まで含まれているような気がしてしまうのです。

実際、私も他人に悪い評判を立てられても仕方のないような言動をしているので、単に被害妄想というわけではなくて、それなりの自覚はあるのです。それは私が悪いと言われればそれまでですが、どうせお世辞を言うならもう少し考えてもらえたらなぁと思うのです。

有名人だからすごいとか偉いとか言われて喜ぶような人もどこかおかしいと思いますけどね。

私が嬉しいと感じるのは、例えば、「ホームページを見ました」とか、「ライブを観ました」といったような、実際に自分の目で見聞きしたことの感想を言ってもらえることです。そういうお世辞なら心から嬉しいと思います。たとえそれが悪い評価であっても、自分自身の感想であれば喜んで受け止めます。

他人から聞いた噂話で褒められても嬉しいとは思わないのです。

もし、あなたが私のことで何か悪い噂や評判を耳にしたら、まずは自分の目で実際の私の姿をよく見てください。自分の耳で私の声を聞いてください。私のブログやホームページの記事を読んでください。その上で、自分の感性で正当に評価して、私に感想を聞かせてください。

噂話ではなく、あなた自身の声で、私に聞かせてください。きっと喜びます。

あなたの声をお待ちしております。

.

posted by アポロ at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録2011年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月13日

チョコレートの洋服

チョコレートの洋服

バレンタインデー用のチョコレートでできているという洋服をもらったので、さっそく着てみました。

この日のスティッカムでのライブ配信でもこの洋服で出演してます。

.

posted by アポロ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録2011年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月12日

仮想空間 Cocoron でタロット占い音声ライブ

Cocoronでタロット占い

この日の夜はいつも通りセカンドライフからのライブ配信の予定だったのですが、急遽きゅうきょ予定を変更してココロンからライブ配信をしました。夕方になってから慌てて告知したのですが、皆さんの口コミなどもあったせいか、たくさんの人が集まってくれました。画面には一部しか映ってませんが、私のルームには十数名のアバターがひしめき合っておりました。

なんで急に予定変更になったかというと、その日、いつも通りライブ配信の告知をツイッターでしたところ、ココロンのココさんが私のツイートをリツイートしてくれたのです。ライブ配信はユーストリームでやると書いただけなので、もしかしてココさんはセカンドライフではなくてココロンでやると勘違いしたのでは? と思ったのです。それで、せっかくリツイートしてくれたんだからということで、ココロンでやることにしたというわけです。

実際のところは、後からダイレクトメールでお返事が来たのですが、ココさん曰く「お世話になった人のツイートをリツイートしてしまう癖があるので」ということで、ココロンでやるわけではないということはわかっていたみたいでした。

本当は、来週あたりにココロンのアップデートがあるということで、その後にまた試してみようと思っていたのです。現状では音声の配信にかなりの遅延(5〜10秒くらい)があるので参加者との対話形式のライブというのはかなり厳しくて、今回のライブでも遅延は大きかったようでやりづらかったのですが、アップデート後にはこれがかなり改善される予定だということです。

この配信の遅延が改善されればココロンの利用価値はグッとアップすると思うんですけどね。

音声ライブを録画した動画はこちら
posted by アポロ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録2011年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月11日

そういえば昨日見た天気予報のアイコンには曇りマークの隣に雪だるまのマークもあったような……。

雪

起きて外を見たら真っ白。昨日の日記では地上には雪が積もらないとか書いていたら、その翌日には大雪とはね。

昨日のうちにお出かけしといてよかった。

ここ数日、気温は十度前後の暖かい日が続いていたのですが、今朝はとても冷えていて、昼ごろになっても四度ほどしかありません。

実は、冷えたせいか朝から下痢。トイレの中でますます冷えてしまいました。ヒーター付いてないんだもん。

湯たんぽにお湯を入れて、腰のあたりを温めながらブログ書いてます。キーボードを打つ手がちべたい。

.

posted by アポロ at 11:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | 漫録2011年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月10日

偶然パノラマ写真

2011年2月10日の風景2 2011年2月10日の風景1

意図したわけじゃないけど、先ほど撮ってきた二枚の写真をブログに載せようと思って並べてみたら、うまいことつながってパノラマ写真みたいになっちゃいました。ほんとに偶然!

下界の方はほとんど雪は積もらないのですが、山の中腹あたりから白くなり始めて、上の方は真っ白ですね。やっと冬らしくなったって感じかな。

写真はどうもピンボケ気味なんだけど、たぶん手ブレです。

.

posted by アポロ at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | 漫録2011年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年02月09日

「すりんくを捨てました」という記事を書いてました。

この日は「すりんくを捨てました」という記事を書いていて無駄に時間を費やしてしまいました。おかげで頭痛です。

嫌なことは忘れるに限りますが、何があったのか、きちんと書き残しておくことも大切かもしれません。書くことで頭の中のもやもやしたものも整理されて気持ちも落ち着いてきますからね。

それに、この記事は単に私の愚痴を書いただけのものではないんです。私自身が非難されることになろうとも、見過ごされがちな問題点に目を向けるきっかけにもしてもらいたい。そんな思いで書いてます。何のメッセージ性もない文章ならば公開する意味もないですからね。

添付ファイル(スライド)
posted by アポロ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録2011年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする