2017年05月17日

不倫は悪いこと?

タロットカード: 悪魔

ことあるごとにやり玉に挙げられる「不倫」と呼ばれる男女の関係があります。芸能人や政治家、スポーツ選手などの著名人の不倫問題は頻繁にニュースやワイドショーで取り上げられ、たいていは当事者がしばらくの間メディアから姿を消すことになります。どんなに人気のあるタレントでも不倫疑惑をかけられた途端に世間の風当たりは冷たくなります。まるで重罪人扱いです。

不倫よりももっと悪質な行為はいくらでもあるのに、なぜか世間をにぎわすのは不倫の話題ばかりです。おそらく、不倫が悪いというよりも、世間の人々の大半が不倫という話題が好きなんでしょうね。

もちろん不倫が好きという意味ではなく、むしろその逆で不倫は許せない、嫌いだという人の方が多いのでしょうが、そうやって他人を責め立てるのが好きということなんでしょうかね。

政治とか経済とかそういう難しい話よりも、身近に起こりうる恋愛話の方がとっつきやすいということもあるでしょう。

似たような問題に「ドラッグ(大麻)」がありますね。それによって多くの著名人が人生を棒に振っています。こちらは明らかに違法行為なので世間から叩かれるのは当然ですが、それにしても不倫同様に騒ぎすぎだとは思います。大麻なんてアルコールやたばこと同じで嗜好品の一種にすぎません。たまたま法律で禁止されているというだけであって、禁止されていないアルコールの方がよっぽど危険性が高いと言ってもいいくらいです。

でも、いくらなんでも騒ぎすぎですよね。人の不倫なんかどうでもいいじゃないですか。それよりももっと正すべき事柄が世の中にはたくさんあるはずです。そちらに目を向けましょうよ。

私は占い師という立場上、不倫を否定も肯定もできません。もちろんその言葉の意味からいえば「倫理に反すること」であるわけですから「良くないことですよ」と諭すべき行いなのかもしれませんが、そもそも「不倫」という言葉を当てはめることが適切かどうかも疑問です。(この言葉は1980年代のテレビドラマの影響で広まったと言われています。割と最近使われるようになった流行語のようなものであって、そもそも適切な日本語というわけではないのです。)

タロットカード: 恋人

今の日本という国の常識から言えば確かにそれは不倫かもしれませんが、価値観が違う世界であればそれは単なる「恋愛」や「純愛」かもしれないのです。同じ日本人であっても、すべての人に同じ常識が通用するというわけでもありません。その人の生き方はその人だけのものです。だから、占い師は人の恋愛について自分の価値観で勝手に決めつけて導くことなどできないのです。それができるのは宗教家だけです。宗教なら神の名のもとに不動の価値観が確立されているのでそれに従って人を導くことができます。あるいは不貞行為を重罪として裁くこともできるでしょう。

私は人を裁きませんが、正しい道へ導くこともしません。でも、あなたが望むのならば、たとえそれが間違った道(不倫)であろうとも、あなたがとるべき行動を教えることはできるかもしれません。それが、占い師の仕事ですから。

タロットカード: 隠者


.

タグ:悪魔 恋人 恋愛
posted by アポロ at 22:17 | Comment(0) | 漫録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。