2017年04月12日

茶色い毛玉

モグラの穴

後ろ向きに歩いて散歩をしていました。久々の春の日差しを顔面で存分に受けたかったので、太陽の方を向いて歩くことにしたのです。

すると、後ろ向きの私の目線の先に、道端の土手をちょこちょこと動き回る茶色い毛玉を見つけました。15センチくらいのネズミのような形をした小動物です。ふさふさで茶色い毛に覆われていて、とてもかわいく見えました。不潔な感じはしません。初めて見る動物でしたが、モグラで間違いないと思いました。

慌てて近寄り、持っていた携帯電話のカメラで撮影しようと思ったのですが、モグラの方も私に気づいたのか、素早く走って近くの穴の中にもぐってしまいました。この時期、土手にはあちこちに穴が開いています。おそらくは彼らモグラたちが出たり入ったりして開けた穴です。まさか逃走経路としても使われるとは思いもしませんでした。

モグラを見たのは今までで一度か二度ほどしかないと思います。実のところ、ほとんど記憶になくて、何となく見たことあるかな?くらいのうろ覚えの記憶しかありません。それくらい目撃することがレアな野生動物なんですよ。穴だけはいつもたくさん見ているので、存在はものすごく身近なんですけどね。

後ろ向きに歩いていたからなのか、視点を変えると普段は見えないものが見えてくるのかもしれません。今回はかなり近くではっきり見ることができました。意外と綺麗な茶色をしているんだなと思いました。土の中の動物なので汚いイメージもあるかもしれませんが、実際にはそうでもないんですよね。

春です。いろんな動物が土の中から出てきます。


.

posted by アポロ at 18:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック