2017年01月06日

何かの予兆? 山の動物たちとの遭遇

本

夕暮れ時、山の麓からカラスの大群が舞い上がり、やがて空を黒く埋め尽くした。カラスの大群が一斉に舞い上がることはよくあるが、何となく奇妙な光景だった。

「不吉だと思うか?」と自分の感覚に問いかけてみたが、特に何も感じない。気にせず帰ることにした。

帰り道、目の前の路上をこちらに向かって歩いてくる動物がいた。

「猫か?」

私が近づくまでその動物は遠慮なしに道を歩き続けていたが、こちらに気づくと進路を変えて脇の林の中に逃げ込んだ。

その様子をずっと見ていたが、日が沈んだ後の薄暗い視界の中ではそれが何なのかはっきりと判別することができなかった。

私は自転車を止めて林の中の動物を観察した。

向こうも林の中からこちらをじっと見ていた。

口笛を吹いて手招きをしてみたが、近づいてくるわけでもなく、逃げようともしなかった。

体つきは猫のようだったが、顔がどうも違うようにも思う。

イタチ? ハクビシン?

そんな野性味のある顔だったが、丸々とした胴体が猫や犬っぽくも見えた。

まさか、タヌキか?

顔はタヌキのようでもある。でも、体が……毛がないようにも見える。

「病気なのか?」

胴体はしわしわの皮膚が丸出しのようにも見える。

タヌキだったらもっとふさふさと毛が生えているのではないか?

細くて枯れたススキのような尻尾が見えた。

見れば見るほどなんとも不気味な姿だった。

自転車を降りてもっと近づいて観察してみたかったが、その動物を脅かしたくはなかったので、そのままそっと視線を外して帰ることにした。


.

posted by アポロ at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445613560
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック