2015年02月24日

死ぬと分かっているのに生きる理由は何ですか?

「死ぬと分かっているのに生きる理由は何ですか?」

死神

生きる意味を見失って悩み苦しみ、自殺まで考えてしまう人もいます。

なぜ悩むのか?

それは、生きるということがただ「生命を維持する」という意味でしかないと学んできたからかもしれませんね。学校で生物や化学の授業などをまじめに勉強していた優等生ほど悩んでしまうかもしれません。

「生きる」とは「息をする」が語源とも言われています。呼吸を止めたら死にます。

酸素を取り込み体内で化学反応を起こし、熱や電気エネルギーなどを作り出して運動したり、神経伝達物質を活性化して脳で思考したりします。

口から食物を取り込み、胃酸で溶かして腸で吸収し、筋肉や骨を作ります。

生命を維持するとはそういうことであり、化学的にはそんな考え方になるでしょう。

生物学的な考え方をすればもう一歩踏み込んで「生殖」が出てくるでしょう。そこまで考えると生きる意味が少しだけ見えてきます。次の世代へ命を受け継ぐこと。それが生きることだと分かってくるのです。

さらに動物学や社会学的な考え方まで広げれば、子孫繁栄のためには外敵から身を護ったりするために仲間同士で助け合ったりする必要があることがわかってくるでしょう。場合によっては自分の身を犠牲にして命を懸けて仲間を守ることもあります。

ここまで来てやっと、生きることが自分のためだけではないということに気付くことができるでしょう。

この世の生命は全てこの法則にしたがって生きているはずです。だから、悩む必要などないのです。

ところが、なぜ人は生きる意味を見失い、悩んでしまうのでしょう?

それは、人が高度な文明と知性を身に着けてしまったがゆえに、本能的な生命としての役割を見失ってしまうほどの「欲望」に取り憑かれてしまったからではないでしょうか。エデンの園で禁断の果実を食べてしまったイブとアダムのように。

恋人

人間は他の動物と違って生殖活動によって種を維持するだけのために生きているわけではありません。様々な社会的な営みがあり、子育てが終わると人それぞれの生き甲斐を見出してゆくことになります。独身で生涯を過ごす人もいます。

そんな人生の中で生きがいを見出すために、様々な欲望が生まれてきます。

美味しい物を食べたい、いろんなものを見たい、刺激的な音楽を聴きたい、整形して美しくなりたい、快楽におぼれたい、お金持ちになりたい、世界を征服したい、癒されたい……

カップの7

それらの欲望を満たすためには生き続けなければなりません。欲望に取りつかれた人にとっては死んでしまったら生きる意味がないと感じてしまうでしょう。

でも、それらの欲望は、どれもこれも「自分のため」でしかありません。自分が幸せになることしか考えていないのです。

幸せとか幸福といったものこそが人の生きる意味だと教えられてきた人もいることでしょう。特に宗教を軽視しがちな日本の社会では漠然とした「幸福感」のようなものが宗教の代わりに人々の心の支えとなっていたりします。

世の中にはびこる「幸福論」のほとんどが「どうすれば欲望を満たすことができるか」を教える「効率の良い生き方論」にすぎなかったりします。考えているのはいつも「自分の幸せ」のことだけです。

しかし、自分の幸せをどんなに求めても、誰も幸せにはなれないでしょう。

幸せとは何か? 嬉しいとか楽しいとか、そういうポジティブな気持ちになれることが幸せだと考えているかもしれません。そんな気持ちにさせてくれるのが「欲望を満たすこと」だったりするのでしょう。

だから人は、自分が望むことをする=欲望を満たすことこそ幸福なのだと考えてしまうのです。

そして、ある時ふと我に返ります。

こんなに一生懸命になって自分の欲望を満たすために生きているのに、それによって成し遂げられた全て、何もかもが死んでしまったら無意味になってしまう。わずか数十年しかない人生の快楽のために必死になっている自分がばかばかしくなってしまう。

全ては無意味ではないか?

その通りです。自分の欲望を満たすために生きたところで無意味なのです。だから死にたくなるほどの虚しさを感じるのです。

最初から生きる意味はそこにはないのです。

人間的な欲望を捨て去り、本来の生命としての自分という存在に気付くことができれば、生きる意味も思い出し、まるで太陽の輝きのような力強い生命力がみなぎってくることでしょう。

太陽

あなたの命の輝きは、周りの命も輝かせることができます。

あなたは自分のために生きているわけではありません。

あなたは人のために生きているのです。

人を愛するために生きているのです。

あなたが死んでも、あなたの生命の輝きを受け継いだ人々は生き続け、新たな生命を育んでゆくことでしょう。

「死ぬと分かっているのに生きる理由は何ですか?」

そんなことで悩むことは、もうありませんよね。


.

posted by アポロ at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414597814
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック