2015年01月31日

赤信号で止められるのは運が悪いから?

赤信号

自転車に乗って街に出かけ、赤信号で止まっているときにふと思いました。赤信号で止められることって、運が悪いことなのでしょうか?

「私って運が悪くて、車を運転しているといつも赤信号で止められるのよね」とか愚痴を言う人がいます。他の人が運転しているときは青信号が多くてスムーズに進めると感じているわけです。

急いでいるときに限って赤信号で止められたりすると「運が悪い」と感じることもあるでしょう。急いでなくてもなぜか赤信号だと運が悪いと思うことは多いかと思います。本能的というのか、習性的というのか、人間は移動中に止められるということが不愉快なのかもしれません。別にカーレースやマラソンをしているわけじゃないのですが……。

ものは考えようだとは思いますけどね。ちょっと一休みできると思えば赤信号で良かったと言えるかもしれません。もしかしたら、ここで止まっていたから事故にあわずに済むということもあるかもしれません。必ずしも赤信号だから運が悪いというわけじゃないと思うんですよね。

自分が通るときはいつも赤信号だと感じるのも、実は単なる心理的なトリックのようなもので、嫌なことや珍しいこと(レアケース)などが起きると記憶(エピソード記憶)に残りやすいというだけのことだったりします。青信号で素通りするときは何も(少なくともストレスは)感じないことがほとんどでしょうからね。

もちろん、要領よく赤信号を避ける知恵を身に着けている人もいるでしょうから、そういう人は赤信号で止まることも少なくスムーズに目的地に向かうことができるかもしれませんが、そういうのは運の良し悪しではなくて賢いだけですからね。

同じように自分がいるときは必ず雨になるとか言って、雨男・雨女などという言葉を使うこともありますが、この場合もたまたまそう感じているだけのことなんですよね。理屈はわかりきってるのですが、なぜか未だに「自分は雨男なんだよ」とか主張する人がいるのはなぜなんでしょう? そういう特別な存在だと思われたいんでしょうかね。

赤信号の話に戻りますが、止められても運が悪いなんて思わなくてもいいんじゃないかな。悪いのは自分の気分であって、運の良し悪しは関係ありませんよね。あなただけが特別に悪い運勢のもとに生きているわけではないのです。

ありのままを受け止めて、「これでいいんだ」と思えば、ストレスのもとを一つ減らせて幸せに一歩近付けますよ。


.

posted by アポロ at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック