2015年01月12日

自分で自分のことを占ってはいけないのでしょうか?

本

自分のことは決して占ってはいけないなどと厳しく指導する占いの先生もいるそうですね。あまり理由については聞いたことがないですが、いわゆる「タブー」というやつで理由すらも考えるなとか言われそうです。自分のことを占うのは不吉だったり、何か悪いことが起こったりするのでしょうか?

おそらく、自分のことを占おうとすると自分の気持ちや思い込みが強く反映され過ぎて、占い結果を客観視できずに判断ミスを犯しやすいということなのでしょう。あるいは、占いを教える先生が自分を占うことができず、自信のなさをごまかすために生徒にも「自分を占うな」と強制しているだけだったりして? そんな感じの禁止事項を作ると「なんかかっこいい」と勘違いしているだけのようにも思えます。

真意はわかりませんが、少なくとも自分のことを占うことが難しいというのは確かです。

私は人に教えてもらったことはないので、「自分を占ってはいけない」などという指導も受けたことはないのですが、独学の場合、はじめは自分で自分を占うことから始めるのが普通だと思います。私もそうやって占いの訓練を積んできました。

自分を占うのは他人を占うよりも難しいわけですから、これがきちんとできるようになれば占いのスキルも上達するはずです。占いの勉強のために自分のこともどんどん占えばいいと思います。

もっとも、占いというのは相談者とのコミュニケーションにこそ意味があると思うので、あんまり一人占いにはまりすぎて自分一人の世界に引きこもってしまうのはよくないことかもしれませんけどね。コンピューター占いとか自動占いなどと呼ばれる物もやり過ぎには注意が必要です。

他人から客観的な視点でアドバイスをもらうということも大切なことです。視野も広がって、人間的な成長も促され、人生に深みも増すと思います。プロの占い師であっても占い師同士で占い合うのもよいと思いますよ。いや、むしろそうすべきですね。

一人占いにはまりすぎず、たまには他人に占ってもらった方が良い。そのくらいの認識がちょうどよいのではないでしょうか。

占い師の方で私と占い合いをしたいという方がおられましたら、いつでも遠慮なくご連絡ください。


.

posted by アポロ at 01:53 | Comment(0) | 占い講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。