2014年01月14日

歩調

散歩

厳しい寒さの続く日々。よく晴れた日に陽射しを浴びながら散歩をするのが好きです。

先日は散歩のときに何歩くらい歩いているのか計ってみました。ふとした思い付きだったので万歩計などを用意していたわけではないのですが、たまたま携帯電話機に内蔵されていた歩数計の機能を使ってみました。

約三十分歩いて記録された歩数は約3000歩でした。つまり、一分間で百歩と考えればわかりやすいですね。時計の秒針や人間の心拍数よりも速いテンポということになります。

歩数を計ることを意識して集中して歩いていたせいもあるかと思いますが、一分間で百歩というのはちょっと速いかなという気もしました。

寒い時はゆっくり歩いていると体が冷えてしまうので、自然と早歩きになってしまうのかも。走ればもっと温まるのかもしれませんが、汗をかいてしまうと後でかえって冷えてしまうので、このくらいのペースで歩くのがちょうどいいと思います。

暖かい日差しを浴びながら、田畑の間を一人で歩いていると、ふと思いました。

これが、私の歩くペース(歩調)です。でも、一人だからこのペースで自然に歩けるのです。

もし自分の隣に誰か他の人がいたとしたら、この歩調はどうなるでしょう?

それでも私は自分のペースで歩き続けるでしょうか。

あるいは、隣の人に合わせて自分のペースを変えることになるのでしょうか。

もし、私が自分のペースで歩き続けたとしたら、相手は私のペースに合わせなければなりません。

でも、相手が私に合わせてくれなければ、私の方から合わせなければ一緒に歩くことはできなくなってしまいます。

私か隣の相手か、どちらかが自分のペースを乱し、相手に合わせる努力をしなければならないのでしょうか?

それではどちらかが疲れ果ててしまい、いずれは歩き続けることができなくなってしまいます。

一緒に歩くということは、そういうことではないような気がします。

どちらかが相手のために犠牲になるのではなく、お互いに相手のことを思いやる気持ちで歩くことができれば、いつまでもいつまでも、一緒に歩き続けることができるのではないでしょうか。

もし、疲れたら一緒に歩みを止めて休みましょう。そして、また立ち上がって一緒に歩くのです。

その相手が自分の恋人や夫婦ならば、手つないで一緒に歩けたらいいですね。


.

posted by アポロ at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録2014年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/385157697
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック