2013年08月29日

タロットカードはどのように保管するべきなのでしょう?

タロットカードの保管

占いで使用するタロットカードの保管方法について悩まれている方もおられるようです。タロットカードはどのように保管するべきなのでしょう?

タロットの解説書によってはシルク等の布で包んで保管するようにと書かれていたり、神様が宿る神聖なものとして丁重に扱うようになどと書かれていたりします。

また、教えを受けた師匠から伝授されたマナーに従うという人もいるでしょう。

まるで生き物であるかのように大事に扱う人もいれば、いつでもどこでもすぐに占えるようにと、裸の状態でズボンのポケットに突っ込んでいるだけの人もいるでしょう。

特に決まった方法というのはないので、自分で納得できる方法で保管すればよいと思います。

例えば、神様が宿っていると思うかどうかは、そもそも神様を信じているかどうかにもよりますが、信じていない人にとっては何ら意味のないことです。

宗教的な価値観を持つ人であれば神聖な道具だと思うでしょうし、スピリチュアルな価値観を持つ人であればそこに魂を感じるかもしれません。合理的な思考をする人であれば単なる占いの道具に過ぎないと思うだけでしょう。そのような人それぞれの価値観によって、それぞれの扱いようがあると思います。

一応、紙でできたカード製品(プラスチック製などもありますが)なので、湿気や太陽光を避けて保管した方が長持ちしてよいということは言えます。シルクの布に包むというのは、そのような合理的な思考に基づく最適な結論であったのかもしれません。桐箱にでも入れて仏壇や神棚にでも置いておくとなおよいでしょうか?

ちなみに私の個人的な考え方としては、タロットカードを宗教的な道具であるかのように神聖視はしていませんし、魂が宿っているなどというようなスピリチュアルな見方もしていません。あくまで占いの道具として利用しているにすぎません。

持ち歩くときは、友人が手縫いで作ってプレゼントしてくれた布製の小さな袋(手縫いのタロットポーチ)に入れています。その中には小さな水晶の玉も一緒に入れてありますが、これは昔、私がまだ占い武者修行をしていたころに、とあるビーチの砂浜で占いをしていた占い師のおじさんに教えられたことで、浄化作用があるのだとかなんとか。効果があるのかどうかはわかりませんが、何となく習慣になっています。

タロットカードがあなたにとってどのような存在なのかはともかく、カードとの対話の中で自然とどのように扱えばいいのかはわかってくるはずです。自分にとって最適な保管方法を見つけ出してみてください。


.

posted by アポロ at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 占い講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373392703
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック