2013年06月23日

恋人の資格

愚者

世界中の全ての人が彼の敵となったとしても、自分だけは味方でいられると思うのであれば、あなたは彼のパートナーとしてふさわしい。

誰が見てもほめるところが一つもない、欠点だらけの彼であっても、あなたが彼の良いところを理解し、認めることができるのなら、いつでも彼のそばにいてあげてください。

あなたまでもが彼の敵となり、彼をけなし、欠点しか見えなくなってしまったのなら、あなたには恋人の資格はありません。今すぐ別れて、二度と彼には近づかないことです。

ただ、次に付き合う相手のことは、決して裏切らないでほしいと思います。

最後まで味方だと思っていた彼女に裏切られた彼はどう思ったことでしょう?

そして、そんな風に人を裏切ることができてしまうあなたのことを、誰が信じてくれるでしょうか?

自分にふさわしい相手にめぐりあえるまでさまようならば、あなたは永遠に孤独です。

隠者

他にも男は沢山いると思うのではなく、今目の前にいる彼のことを愛し続けられるのなら、あなたの人生は最高に幸せなものとなることでしょう。

悲劇のヒロインであり続けたくないのなら……


.

posted by アポロ at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック