2012年05月11日

白い鳥に導かれて春のお散歩

斑に染まる山


 晴れて太陽いるので少しお散歩をと思い、自転車自転車に乗ってお出かけ。

 田んぼの土手に咲いていた黄色いたんぽぽは白い綿毛に変わり、代わりに菜の花が黄に染めてます。

 いつもはほとんどひとけのない田園ですが、今は農作業をする農家の人たちがちらほらと出ていて、農耕機のエンジン音やらなんやらで活気づいています。

 田植え前の水田に一羽の真っ白い鳥が舞い降りて、長くて細い足で立っていました。

 近づいて写真を撮ってみようと思ったのですが、鳥の方もかなり遠くから私に気づいて警戒しているようで、近づいて来ると分かるとすぐに隣の水田に逃げてしまいます。

 それでも頑張って追いかけてみたのですが、いつの間にか見失ってしまいました。

 鳥を追いかけてちょっと遠くまで来たのですが、ふと目の前を見ると、深緑の山に淡い黄緑色や鮮やかな緑が混じってまだらになった景色が広がっていました。

 春らしい綺麗な景色です。あの白い鳥が導いてくれたのかもしれませんね。

 鳥の写真は撮れませんでしたが、美しい春の風景を一枚だけ撮影して帰りました。


エンピツ電話3eメールアイコン

タグ: 景色
posted by アポロ at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック