2011年08月24日

利息って付かないの?

六年以上も放置してあった銀行の通帳が一冊。記帳してみようと思ってATMに持っていくと、システムが新しくなったので繰り越ししてくださいみたいなメッセージが。自動繰越機みたいな機械は見当たらなかったので、窓口に持って行って繰り越ししてもらいました。

通帳に記載されている残金を見ると1010円入っています。ふと気になったのですが、六年も放置してあって利息は一円もつかなかったのか?

そこで、再び窓口まで行って聞いてみました。利息って付かないんですか? すると、金利は0.02なので……と言います。うん、じゃあ、1000円なら一年で20円でしょ? と聞くと、0.02%だから、1000円だと1円以下になってしまって切り捨てられてしまうんだとか。

なにっ〜!

つまり、私の勘違いでした。金利の単位がパーセントであることに気づかなかったのでした。0.02%だと、たったの0.2円にしかならないのです!

うーん。無駄に六年間も放置してしまったらしい。せめて一万円くらい入れておけばよかったのですが……。

まあでも、一万円入れてあったとしても一年で2円。六年で12円にしかなりませんけど。

夢のない普通預金でした。

.

posted by アポロ at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫録2011年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222115831
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック